入選するための戦略的な読書感想文の書き方教えます

時間をかけて読書して感想文まで書くのですから入賞を目指そう!

評価
5.0 (1)
販売実績
3
残り
20枠 / お願い中:0
提供形式
テキスト
お届け日数
1日(予定) / 約10日(実績)
初回返答時間
1時間以内(実績)
入選するための戦略的な読書感想文の書き方教えます 時間をかけて読書して感想文まで書くのですから入賞を目指そう! イメージ1
入選するための戦略的な読書感想文の書き方教えます 時間をかけて読書して感想文まで書くのですから入賞を目指そう! イメージ1
入選するための戦略的な読書感想文の書き方教えます 時間をかけて読書して感想文まで書くのですから入賞を目指そう! イメージ2

サービス内容

私は年間に約200冊本を読みます。感想文となるとまた別物ですが、読み方や書き方についてある程度コツがあります。この記事は約10,000文字で構成されています。戦略的な書き方についての内容になります 題材が読書感想文ということもあって、やみくもにあらすじを書いて「ここよかった」「ここ面白かった」などの感想の文は良くありません!せっかく時間をかけて、本を読んで感想文まで書くわけですから、入賞を目指しましょう! 大切なのは行動することです。なんでもそうですが行動しないと何も得られません。この記事を読んで新しい自分を見つけましょう! そこで今回は、「入賞するための戦略的な読書感想文の書き方」を、解説していきます。 目次と一部公開します ■(公開)読了する必要はない ■実際に読むときの5つのコツ ■読書感想文のテーマは本ではない ■入賞するために最も重要なキーワード ■表現に大切なテクニック ■入賞するための課題図書の選び方 ■入賞するための3つのタイトルの付け方 ■読書感想文を構成する5つ章とは? ■絶対に書かなければいけない3つの要素はこれだ! ■審査員の心を掴み取るマル秘テクニック! ■例文からこの記事を振り返る ■読了する必要はない まず、読了する必要はありません。 読書とはなにか。本を読むことです。必ずしも、1冊の本を読了することではありません。そう考えると、ある意味、タイトルや目次、前書き後書きを見ただけでも読書をしたことにはなります。 このように、まずは読書に対するハードルを下げましょう。「1冊の本を読まなければならない」と思ってしまうと、それだけで読書感想文の執筆から遠ざかってしまいます。 大切なのは楽しむことと、新たな自分の発見に向けて参加してみることです。

購入にあたってのお願い

※商品は転載防止のためPDFにしています。 尚、PDFには全ページ「押印」がありますのでご了承ください。 PDFで11枚の大ボリュームです