レトロPCのファイル抽出・データ変換お手伝いします

PCのHDDやFDの中身を救出したい(×修復 〇抽出)

物品配送可能
評価
-
販売実績
0
残り
3枠 / お願い中:0
レトロPCのファイル抽出・データ変換お手伝いします PCのHDDやFDの中身を救出したい(×修復 〇抽出) イメージ1
レトロPCのファイル抽出・データ変換お手伝いします PCのHDDやFDの中身を救出したい(×修復 〇抽出) イメージ1
  1. 提供形式
    制作物 (+テキスト打ち合わせ)
  2. お届け日数
    要相談

サービス内容

保管しているフロッピーの中身を取り出したい。 ハードディスクにデータが残っていたかもしれないが、何とか取り出せないか。 レトロPC関連のメディアのファイル抽出・イメージへの変換をお手伝いします。 基本的に「レトロPC」扱いのPC-98x1シリーズおよびX680x0シリーズが対象です。 コースは3種類あります。 ●ファイルの抽出(Windowsでの再利用向け) フロッピーから直接ファイル単位で外部記憶媒体を経由してWindows環境へ移行します。 以下注意点があります。 ・HumanOS(X68000)のロングファイルネームには対応していません。  抽出の過程で大文字に統一し、8.3文字に変換します。 ・抽出したファイルが現在のWindows等では識別、表示できない画像・音楽形式の場合、専用のツールでないと利用できないこともあります。エミュレータ等で当時の環境を再現することで利用可能な場合があり、その場合はイメージ変換を推奨します。 上記2点に関してご納得いただける場合のみご検討ください。 初期料金はメディア15枚までの状態検査及び抽出を含みます。16枚目以降は要お見積り。 ●フロッピーのイメージ変換(エミュレータ向)け フロッピーの記録データをエミュレーターで利用できるベタイメージに変換します。 データの読み取りは、エミュレータをご利用ください。 (エミュレーターは別途ご用意ください) 初期料金にはメディア20枚までの状態検査及び変換を含みます。21枚目以降は要お見積り。 ●外付けハードディスク、MOのファイル抽出 外付けHDDやMOのファイルをWindowsで読み取れる状態へファイル変換します。 抽出容量128MBまでを初期料金内として、これを超える場合は別途対応(お見積り)となります。(MOは640MBタイプまで、1GBタイプのメディアには対応できません) 抽出データ容量が不明な場合は、ディスクの総容量を上限としてお見積りいたします。 エミュレータ等でそのまま使用できるイメージ変換は別サービスにて提供しております。 基本は上記3種から1種を選択いただきます。 複数サービスを同時に利用したい場合や、初期対応枚数を超え複数まとめて実施したい場合はお見積りにて別途対応いします。 お預かりしたメディア・機器は原則返却。ご用命で廃棄処分も承ります。

購入にあたってのお願い

●フロッピー媒体の対応規格 媒体は3.5インチまたは5インチの2HDタイプの正常なフロッピーに限ります。 カビの付着したものや・折り曲げなど破損したフロッピーは検査の工程で読み取り対象外とします。 検査の結果で変換対象外となった場合も、検査の実施枚数として数えますのでご了承ください。 複製保護が施されたものや「複製禁止」のラベルの貼られたものは対応できません。 変換できても正常動作は保証できません。 記録データ自体が破損して読み取れない場合のメディア内容の保証はできません。 データの修復には対応していないためその旨ご了承ください。 ●外付けHDDの対応規格 ※ドライブが正常動作することが前提です。 一般的なSCSI規格 ・アンフェノール フル/ハーフピッチ50ピン ・くし形 ハーフピッチ50ピン のみ。 UltraWide68ピン、サードパーティ独自の規格には対応できません。 ※変換ケーブルをお持ちの場合は要相談にて対応します。 ●対応MO  128/230/540/640MBまで、GigaMOは非対応です。 ※HDDとMOのイメージ変換は別サービスをご検討ください

有料オプション