先延ばし癖を克服して現実に生きる方法をシェアします

実はもう、あなたは抜け出し方を知っているんです

評価
5.0 (1)
販売実績
1
残り
4枠 / お願い中:1
  1. 提供形式
    テキスト
  2. アドバイス
    カウンセリング
    コーチング
    お届け日数
    3日(予定)
    初回返答時間
    1時間以内(実績)
先延ばし癖を克服して現実に生きる方法をシェアします 実はもう、あなたは抜け出し方を知っているんです イメージ1
先延ばし癖を克服して現実に生きる方法をシェアします 実はもう、あなたは抜け出し方を知っているんです イメージ1
先延ばし癖を克服して現実に生きる方法をシェアします 実はもう、あなたは抜け出し方を知っているんです イメージ2
先延ばし癖を克服して現実に生きる方法をシェアします 実はもう、あなたは抜け出し方を知っているんです イメージ3
先延ばし癖を克服して現実に生きる方法をシェアします 実はもう、あなたは抜け出し方を知っているんです イメージ4
先延ばし癖を克服して現実に生きる方法をシェアします 実はもう、あなたは抜け出し方を知っているんです イメージ5
先延ばし癖を克服して現実に生きる方法をシェアします 実はもう、あなたは抜け出し方を知っているんです イメージ6
先延ばし癖を克服して現実に生きる方法をシェアします 実はもう、あなたは抜け出し方を知っているんです イメージ7

サービス内容

僕も重度の先延ばし症候群でした 「今出来ることは明日やろう」 「まだ期限が迫ってないからいいや」 その結果、後で自分が困ると 分かっていても中々止められません 今さえ楽ならそれでいいという 先延ばしマインドがこびり付いていたのです 「なーんだ、それくらい普通だよ」 もしこれを読んでいるあなたが そう思っているとしたら危険です なぜなら先延ばし癖こそが ダメ人間へのスタートライン いや、もう既にスタートダッシュを 決めていると言っても過言ではありません 僕と同じように人間失格の烙印を 押されたくなければ、この先の話を 注意深く読み進めていって下さい… イチローの名言の1つに 「小さなことを積み重ねることが とんでもないところへ行く、ただ1つの道」 という言葉がありますが 僕はこれを悪い意味で体現していました 朝一番でシャキッと目を覚まし、 すぐに布団から出るのか? それとも掛け布団をかぶり直して 二度寝の甘い誘惑に乗ってしまうのか? 小さなことですが 僕はもちろん後者を選択していました しかも酷いもので1度自分に甘くすると ズルズルとその習慣を引きずってしまいます 先延ばしすればするほど 意思の弱い人間になっていくということです その結果、僕は4年近くもの間、 引きこもりのニート生活を送ることになります 「ヤバい、もう貯金がない‥」 「まあいいや実家に帰れば」 「あと1ヶ月だけしたら仕事探すか」 ズルズルとそうやって先延ばしにしている間に 引きこもり生活から抜け出すことが 出来なくなっていったのです‥ 僕がそこから抜け出すことが出来たのは 彼女に見栄を張りたくて 嘘をついてしまったからです笑 働いていないのに つい働いているとうっかり口にして 騙し騙しやって来ましたが、もう限界でした。 「仕方ない、働くか。。」 そこで僕は大事なことを学びました 【人は必要性がなければ動けない】 ということです この性質を上手に利用すると とんでもないチカラを発揮できます 僕が苦手だった早起きさえも よし!と決めて達成できてしまいます そのために僕はまず友達を巻き込みました‥ (購入に当たってのお願いに続きます)

購入にあたってのお願い

「早起きする習慣をつけたいんだけど  朝、散歩に付き合ってくれん?」 人と約束すると嫌でも起きます 今まではどう頑張っても 布団から出られなかったのが 早起きして当たり前に変化していきました 不思議なもので早起きする習慣が付くと 他のことも出来るような気がしてきます そこで僕は次に筋トレを始めました まずは懸垂1回からです 今度は強制力ではなく とにかく楽に出来るレベルからスタートする というアプローチで習慣化しました 「もっと頑張れるなぁ」 と、思っても1回だけに留めて 次の週でようやく2回に増やします ※自分を焦らすのがコツ そうやって徐々に負荷を上げていくことで 無理なく習慣にしていくことが可能です 1回ならどれだけ疲れていても 頑張れるし、辛い経験もしないから トレーニングするのが楽しくなってきます 毎日やっていると筋肉も付いてきて 1回上げるのがやっとだったのが 2回、3回と増えていくんです これらの方法は僕だけじゃなく あなたにも有効です ただ、これまで1度も 何かを習慣化したことがない という方の場合‥ (書ききれないのでQ&Aに続きます)