人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます

人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか?

評価
5.0 (1)
販売実績
1
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. リサーチ
    企画・構成
    画像の用意(選定/撮影)
    校正・編集・リライト
    SEO対応
    お届け日数
    3日(予定)
    初回返答時間
    2時間以内(実績)
人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます 人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか? イメージ1
人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます 人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか? イメージ1
人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます 人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか? イメージ2
人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます 人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか? イメージ3
人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます 人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか? イメージ4
人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます 人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか? イメージ5
人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます 人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか? イメージ6
人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます 人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか? イメージ7
人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます 人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか? イメージ8
人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます 人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか? イメージ9
人の心をつかむ文章術をあなたもマスターできます 人間の心理、4つの学習タイプを知らずに売っていませんか? イメージ10

サービス内容

あなたは 「自分には実績がないから売れない」 「知名度がないから売れない」 そう思っていませんか? そうだとしたら、大間違いです。 最初から、実績のある人、知名度のある人などはいません。 親の七光りなど一部の例外はありますが、 それとてネットビジネスではスポーツの 世界と同じく実力主義。 芸能界や政界のように甘くはありません。 ネットビジネスの多くは 文章での説明を求められます。 ココナラのサービスや商品の紹介でもそうですね。 ネットビジネスで最強のコンテンツは 『人の心をつかむ文章』です。 業界では『コピーライティング』と言います。 しかし、上手な文章を書ければ売れる というものでもありません。 また、文章が下手だから 人を惹きつけられないわけではありません。 人を惹きつける内容の濃い文章にはコツがあるのです。 人の心に突き刺さる言葉。 読む人の心をとらえる文章を書く必要があります。 人の心を動かして購買に結びつける。 そのためには人間の学習タイプを 知ることがとても大事です。 学習タイプは次の4つに大別されます。 1、なぜタイプ 2、何タイプ 3、どうやってタイプ 4、今すぐタイプ この心理を理解し、 コピーに取り入れることによって 人に行動を促すことができるのです。 ここであなたに一つ質問があります。 あなたはビジネスで最も大切なことは一体、 何だと思いますか? 「やっぱり商品ですね」 「コピーラィティングかな。 コピーが悪ければ商品がよくても売れないし」 「いやいや、動画ですよ。 今は動画の時代なので」 いろんな意見があると思います。 どれも答えは間違ってはいません。 でも、大正解とも言えません。 正しい答えは『信頼』です。 信頼がなければビジネスは始まりません。 『信頼』がなければビジネスは成立しません。 突き詰めると『信頼度』が実績であり、知名度と言えます。 「あの人は有名だから信頼できる」 「あの人は実績があるから信頼できる」 信頼度が高まれば有利だということが分かると思います。 これ、逆に言えば『信頼さえあれば無名でも稼げる』 ことになります。 信頼される方法を知ることが、何よりも大事なのです。 信頼が得られたらあなたの未来は明るい。

購入にあたってのお願い

あなたは『商品は壁』 この言葉を聞いたことがありますか? 商品にこだわり過ぎると売る側と お客さんの間に壁をつくってしまいます。 お客さんは商品が欲しいのではなく、 それによって得られる未来が欲しいのです。 あなたは、時計が欲しくて 腕時計を買ったのでしょうか? 外出先で正確な時間が知りたくて買ったはずです。 あなたは、正確な時間が知りたくて ロレックスを買ったのでしょうか? 誰かに見せびらかしたい、 誰かの羨望の視線を感じたい、 自分のステータスをアピールしたい、 そんな思いで買いましたね。 あなたは、メガネをかけたくて メガネを買ったのでしょうか? 字をはっきり読み取りたい、 50m先の信号の色を見分けたい、 そんな思いで買いましたね。 『商品は壁』 これが理解できると、 あなたのビジネスに対する考えは、がらりと変わります。 昔から営業はよく言われました。 『売らずに売れ』 『商品を売る前に人間関係をつくれ』 それらも正しい、間違ってはいません。 けれども、『商品は壁でしかない』 これほど腑に落ちる言葉はない。