現役採用コンサルが職務経歴書を添削します

採用者目線から書類選考に通過する職務経歴書に仕上げます!

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル ビデオチャット打ち合わせ可能
  2. お届け日数
    要相談
    ジャンル
    • 就職
    • 転職
    • 資格
    • キャリア
    • その他
    用途
    • ES・履歴書・書類
    • アドバイス・コンサル
    • 面接
    • 試験
    • その他
現役採用コンサルが職務経歴書を添削します 採用者目線から書類選考に通過する職務経歴書に仕上げます! イメージ1
現役採用コンサルが職務経歴書を添削します 採用者目線から書類選考に通過する職務経歴書に仕上げます! イメージ1
現役採用コンサルが職務経歴書を添削します 採用者目線から書類選考に通過する職務経歴書に仕上げます! イメージ2
現役採用コンサルが職務経歴書を添削します 採用者目線から書類選考に通過する職務経歴書に仕上げます! イメージ3
現役採用コンサルが職務経歴書を添削します 採用者目線から書類選考に通過する職務経歴書に仕上げます! イメージ4
現役採用コンサルが職務経歴書を添削します 採用者目線から書類選考に通過する職務経歴書に仕上げます! イメージ5

サービス内容

〇現役採用コンサルタントによる転職者向けサービスとなります〇 【職務経歴書の勘違い】 ・書類選考がなかなか通過しない ・転職エージェントが添削をしてくれたが、内容がしっくりこない ・そもそも何を書いたらいいのかわからない こんな悩みをお持ちではないですか? よく勘違いされがちですが、職務経歴書は「あなたがいかに優秀か」をアピールする文書ではありません。 採用企業にとって「あなたがいかにマッチするか」を伝えるための文書なのです。 よって ・書類落ちするのは自分が優秀ではないからだ… ・突出した成績や受賞歴がないから書く内容がない… といった感覚にはそもそもズレがあります。 ※転職エージェントの添削内容に納得感がないことも、多くの場合この原則を知らないことが原因です 【”通る”職務経歴書の作成法】 では、職務経歴書はどのように作成すべきでしょうか。 結論、以下の3つのステップを行います。 ステップ1:採用企業のニーズ=求める要件をスキル・タイプの両面から把握 ステップ2:ご経験における共通点・類似点を抽出 ステップ3:入社後の活躍を企業がイメージできる形で職務経歴書を作成 【サービス内容】 購入後、必要項目をご共有、または作成済みの職務経歴書をご提出いただくことで以下をgoogleドキュメントにて納品致します。 ①文書の添削 ②企業特性のアウトプット(想定される採用ニーズ、真の求める要件) 【メリット】 サービスを提供する私が、企業の立場から中途採用を熟知しているという点にあります 転職活動の際に多くの場合、転職コンサルタントと呼ばれる求職者に対しアドバイスを行う人間とやりとりを行います。 彼らの中には、採用企業との接点が全くない人間も存在します それらの人は ・求職者の経験、スキルの抽出 ・表面的な面接アドバイス(面接の場におけるマナーや、細かい受け答えの仕方等) における強みを持っている場合が多い一方で ステップ1の採用企業の内情を知るという点ではやや不安のあるケースがあります 先述の通り、職務経歴書は企業のニーズが把握できていなければ、企業にとってズレたものとなってしまい、結果として不合格となってしまいます 本サービスでは企業ニーズを前提に職務経歴書の添削を行い、応募先企業個別に特化した書類通過率の向上を目的とします

購入にあたってのお願い

※必須確認事項 〇購入後、質問フォーマットにご回答いただきます。 └応募先企業のHPと時系列で経験職務内容の共有 └作成済みの職務経歴書がございましたらそちらを添付していただいても構いません   ※第二新卒の方も対応可能です。その場合は就業前のエピソードを基に作成を行います  ※ご回答後、再度質問をさせていただくケースがあります 〇本サービスは書類通過及び内定など採用結果の一切を保証するものではありません。 【私の経歴 】 大学を卒業後、大手素材メーカーへ入社。 2年間の営業職経験を経て、成長機会を求め大手総合人材サービス会社へ転職。 同社では2年の営業企画経験の後、大手企業向けの採用コンサルティング部署へ異動。複数回のMVP受賞を経験。 現在は中小企業~大手企業まで規模を問わず、採用~育成コンサルティングを行っている。