電子可 自著14冊のライターが書籍原稿を代筆します

あなたの発見や人生経験を知りたがっている、未来の読者のために

評価
4.9 (9)
販売実績
15
残り
3枠 / お願い中:0
電子可 自著14冊のライターが書籍原稿を代筆します あなたの発見や人生経験を知りたがっている、未来の読者のために イメージ1
電子可 自著14冊のライターが書籍原稿を代筆します あなたの発見や人生経験を知りたがっている、未来の読者のために イメージ2
提供形式 ビデオチャット打ち合わせ可能
企画・構成
商用利用
二次利用
お届け日数
要相談 / 約27日(実績)

サービス内容

この出品案内をご覧くださいまして、有り難うございます。 出品しているご提示金額は、Amazon Kindleなど、電子書籍の原稿の【1万字あたりの報酬】となります。電子書籍ですと文字数の縛りがなく、図表や写真も自由に入れられる柔軟さが魅力です。原稿の「一部分」の代筆も承ります。 出版社から「紙」の書籍を出版することを前提とした原稿を代筆する場合は、1万字あたり65,000円で改めてお見積もりしますのでご相談をお願いいたします。紙書籍1冊に換算しますと、よほど図表や写真が多い内容でない限り、一般には最低でも「5万字以上」、平均6~8万字の原稿が必要となります。ご依頼の目安となさってください。 ■自分の本を代わりに書いてもらうのは、後ろめたい?■ 確かに、著者でない別人がゴーストライターを務めて原稿を書くと、社会的に厳しく非難されることがあります。それは「小説」や「詩」などです。 作者の世界観を綴った芸術作品は、言葉づかいや文章表現などの細かいクセも含めて、読者による鑑賞の対象となります。絵画や書なら、作者の色選びや筆さばきのような部分ですね。 しかし、本の読者が文章の細かいクセを気にしておらず、その奥にある「人生経験」「価値観・人生観」「独自の発見や研究成果」を知りたがっているのなら、代筆に何の問題もありません。むしろ、文章のクセが少ないほうが、読みやすくて助かります。 いつもお忙しいのに、ご自身で書くことにこだわるあまり…… いつまで経っても書き上がらず、せっかくの大切な計画が塩漬けになったままの状態のほうが、世の中のためになりません。 ■ヤザワが書かなきゃ買われないのか?■ たとえば、ロックミュージシャンの矢沢永吉の自伝『成り上がり』(昭和53年刊)は、ヤザワが自分で書いたからこそ売れたのでしょうか? そんなことはありません。他でもない「ヤザワの自伝」がついに出たから、ワレもワレもと みんなが読みたがったのであって、糸井重里が原稿を代筆した事実なんて、誰も気にしていません。 原稿は、執筆のプロに任せたほうが、早くて正確で読みやすく整います。そのほうがファンは喜びますよね。ヤザワは本業でこそ、自分の手を動かすことにこだわって、名曲を届ける営みに集中すべきです。 あなたの世界観やアイデアなどを、1冊の形に仕上げるため、私は全力を尽くします。

購入にあたってのお願い

基本的にはココナラ純正のビデオチャットを通じてのインタビュー取材を経て、執筆に入ります。書くべきことが確定している場合で、回答をいただくお話の密度にもよりますが、1時間のインタビューは、平均およそ5000字~12000字の原稿になります。 もっとも、必要な資料を十分に提供していただければ、インタビューなしで執筆することも可能です。その場合は独自に私自身でもリサーチを行いますので、納品まで日数がかかる場合がございます。 ここで僭越ながら、自己紹介をさせてください。 私は15年以上にわたって、フリーランスでライターを続けてきました。 今までは出版社からの執筆依頼がほとんどでしたが、ココナラで個人の方からのご依頼を受け付け始め、嬉しいご好評をいただいております。 【書籍原稿の執筆実績】 自著14冊 経営者著書の原稿代筆7冊(人材派遣・Webサービス・ブロックチェーン・ふるさと納税) 弁護士著書の原稿代筆3冊 社会保険労務士著書代筆1冊ほか 業務内容は執筆に加えて、インタビュー取材と全体構成、関連資料リサーチも込みです。

有料オプション

価格
45,000

出品者プロフィール

ライター長嶺
男性
最終ログイン:
3時間前
総販売実績:87件
本人確認
機密保持契約(NDA)