サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽

スピーチライターが即興で原稿作成、練習まで行います

90分で「取材」➡「作成」➡「練習」➡「アドバイス」全て対応

1.01 販売実績:0 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    ビデオチャット
  2. 業種
    • その他

サービス内容

当方は10年間、主に経営者、士業の先生、医師などをクライアントとするプロのスピーチライター業を営んできました。

ビデオチャット上でのやり取りで、以下の①~④を行います。

①聞き取り取材
②原稿の作成(基本口頭、補助的にスマホの音声入力を用いたテキストも作成)
③練習のサポート(実際に声に出してもらいます)
④内容を踏まえてのアドバイス

すべて読む

購入にあたってのお願い

・正式な原稿作成は、別のサービスになります。
①「複数の選択肢で選ぶ」独自の方法論で原稿を作成しております。
(詳細は動画コンテンツをご覧ください)

・想定されるリスクとリターンを踏まえたアドバイスを行います。
(「意見などいらない」「自分の好きなように話したい」という方には向いていません)

すべて読む

よくある質問

情報が少ないです。そのような状況でもスピーチの作成が可能ですか。
可能です。

情報には種類が2つあると考えます。
一つは「①事実としての情報」
もう一つは、「②お話しする人自身の見識や判断という情報」です。
① ②とも大事ですが、どちらかといえば②の情報がより重要であると考えます。何故かと言えば、お話しする人の「身の丈(人格や見識)」に合わない話をしたとしても、その後で「言っていることとやっていることが違う」と相手に感じさせるリスクがあるからです。

スピーチはあくまでも手段であり目的ではない。
私はこのように考えています。

他のスピーチの作成をしている人に比べれば、かなり価格が高いように思います。
同様のサービスを提供されている人は、素晴らしい仕事をされているのではないかと思います^_^
その上で申し上げれば、スピーチの内容と言うのは人間関係において様々な影響を生じ得るコンテンツだと思います。
文章そのものはあくまでも戦術の一つ(話すスタイルを含めて)ですが、想定するリスクとリターンの伸びしろがどれだけあるのかということを戦略的に考えなければ、有効に活用することができません。文章の内容を作成するというよりも、上記のリスクとリターンを総合的に判断するコンサルティング料とご理解いただければ幸いです。
私は人前で話すことが苦手で上がり症です。
プロの話し手のようなテクニックを90分で身に付けることができるのですか。
テクニックそのものを90分でプロレベルに引き上げる事は不可能です。しかしその前に考えなければならないのは、「今回のスピーチにおいて何が求められているのか」という戦略的判断です。

世の中の多くのトレーナーの先生は、自らのスキルの提供を販売することが目的であり、人間関係を立体的に見て戦略的に判断するというヒューマンスキルとは別次元の主張をされています。

例えば経営者が結婚式の場で流暢にスピーチしたとしても、その後にスピーチを控えているあがり症の人がいるとすれば、「私は口下手なので書いたものを読みます」というフォローを入れて安心させるという大人の判断が必要な場合もあります。

逆に販売促進のプレゼンで書いたものを読むのはNGです。さらに謝罪会見の冒頭の発表は弁護士と相談の上、決められたこと以外は話さないという判断も必要です。

90分のやり取りで、上記のようなスキルもお伝えします。


もっと見る

評価・感想(1件) 1.0

読み込んでいます...

関連サービス