大統領選2

記事
マネー・副業
むむ、バイデンさんが勝つのか、トランプさんが再選するのかまったくわからない・・下馬評ではバイデンさん、しかしトランプさんも根強い支持、そのまま勝ち確定の雰囲気だったのに、急に投票数が増えて不正投票ともいわれているし、もみ消そうとして躍起になっている人たちがいるもの真実。

ここで大事なのが、トレーダーは選挙の予想を当てるのではなく、値動きをとらえるというのが大事になってきますので、どれだけの枚数を投入してどれだけのリスクを許容してリターンをとるかだと思います。
特にいまはボラが高いので、方向性が合致すれば利益を生み出すチャンスでもあります。


前にレンジがどうとか、トレンドどうとかで判断するのは苦手、と申し上げましたが、結局リアルタイムでレンジかトレンドかどうかはわからないという趣旨です。

レンジでもどれぐらいの期間で、10pips幅もあれば200pips幅もあるし、トレンドがでたらじゃあどこまで伸びるのか?なんて未来のことはわからないので、反転するともくろんで反対のポジションをとったり早めに手じまいしてしまうかもしれません。
なので、個人的にはボラティリティを基準に見ることが多いです。


2020-11-06_14h06_57.png

irisの1時間足です。単純にドテンでも儲かる、というのはこういうところかな。ボラティリティをはかる方法は多様ですが、一つの目安としてインジケータも導入しています。

さて、このシステムも残り3日ぐらいで販売終了です。
当初11月10日を目途にしていますが、「支払いの関係でもうちょっと待ってほしい」とご連絡いただいてるので検討中です。ただ来週中には販売終了は確実です。
高機能なシステムなのであまり世に広まらなくてもいいやと思っているので、閉店セールみたく、買い煽りではないという証左です。念のため。。

※タイトルが被ってしまってたので、修正しました。