サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

終活、エンディングノート、遺言書の作成致します

遺言書作成、終活、エンディングノート、財産相続手続、生前整理

物品配送可能

販売実績:0 残り:5枠(お願い中:0人)

サービス内容

「終活」とは、「自らの人生の終わりに向けた活動」の略語で、自分が亡くなった際の葬儀、お墓、遺言の準備や、財産相続、身の回りの生前整理などを行うことを指します。

これまでは、死んだ後のことを話題にするのは縁起でもないと敬遠され、家族間で相談することがはばかられてきました。
しかし、昨今では「終活」という言葉が世間一般に広く知られ、人々の関心が高まるようになりました。

相続の前に、実際の土地面積と登記簿との面積表示が一致しているか確認することも、重要な事柄です。
実際の土地面積よりも、登記面積が大きい場合には、余分に固定資産税を払い続ける事になりますし、また前述とは逆に実際の土地面積が、登記面積よりも少ない表示の場合には、売買をされる際に損をされるという事もありえます。

また、相続財産を確定させて、遺言書を作成するうえでも、未登記の建物がありますと、例えば相続のあとに建物表題登記手続きとなると、これはまた必要添付書類が増えたり、面倒である事以外他はありません。

未登記のままの親の代の自宅を相続するような場合、
その相続の時に初めて自宅が未登記であったと気づくことも
多いんです。
そして、自宅を売却しようとした時に家屋(建物)が未登記であった等。
自宅を新築されてから数年後に実は未登記であった事が判明した等。 理由は、様々です。

いずれにしても、家屋(建物)が未登記であった場合には、
建物表題登記が必要になります

遺言(ゆいごん・いごん)とは、
自分の死後の法律関係を定めるための、最終の意思表示を言い、
満15歳以上になったら誰でもすることが出来ます。
(ただし、成年被後見人については、医師2人以上の立ち会いの下で、正常な判断力回復が確認された場合にのみ遺言をすることができます。)

私共では、お客様のニーズを考慮し、適正な遺言書の原案作成及び作成をココナラでのメッセージ機能及び完成文書のご郵送で、対応させて頂きます!

まずは、お気軽にお問合せ、ご相談くださいませ(^-^)

すべて読む
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 要相談 

購入にあたってのお願い

遺言書に記載する内容及び量にて、作成の料金が増加する場合もございますので、料金についてはあらためてお知らせさせて頂きます。

すべて読む

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス