宅地建物取引士の試験勉強テクニックをお伝え致します

宅建士、マン管士、管業主任者、賃貸管理士等の資格取得者が伝授

電話相談
評価
-
販売実績
0
残り
3枠 / お願い中:0
提供形式
電話
宅地建物取引士の試験勉強テクニックをお伝え致します 宅建士、マン管士、管業主任者、賃貸管理士等の資格取得者が伝授 イメージ1
宅地建物取引士の試験勉強テクニックをお伝え致します 宅建士、マン管士、管業主任者、賃貸管理士等の資格取得者が伝授 イメージ1
宅地建物取引士の試験勉強テクニックをお伝え致します 宅建士、マン管士、管業主任者、賃貸管理士等の資格取得者が伝授 イメージ2

サービス内容

1.サービスの内容 1-1.できること わたくし自身(以下「出品者」という。)の経験や体験を超えない範囲で、その事実と自らが有する知識や情報を詳らかにお伝えすること。 1-2.できないこと 出品者の経験や体験を超える範囲のご相談に応じ、自らが有しない知識や情報をお伝えすること。 1-3.支障のない範囲で教えて欲しい情報 (1)資格を取得する明確な目的 (2)受験に当たっての経緯や動機等 (3)法律に関する予備的な知識の有無等 (4)どの年の試験に合格するかに関する目標 (5)1週間の中でどの程度の勉強時間をつくることができるか (6)その他相談したい内容に関する件 2.ユーザー様のメリット 宅地建物取引士(以下「宅建士」という。)を取得することで、先輩や人事の部署からの評価は上がり、同僚や同期との関係を前提として、職場内においては、1歩前進し、現実に、有利な立場に位置することができることは、厳然たる事実と思います。 また、新しい職場へと転職等をする場合にも、試験に合格し、資格を保有していることそれ自体が高く評価され、採用に当たって有利となることは間違いありません。 努力は目に見えないものですが、資格があることで、それを証明することとなり、例えば、面接前の書類審査では、資格の有無で判断がなされる場合もあります。 しかし、そこで、宅建士のみならず、もう一踏ん張りして、更に追加的に有用な資格を取得できたとしたら、宅建士に合格した同期や同僚の組の中でも、更に1歩も2歩も前に進むことができ、自分自身にとって大きな自信となるはずです。 つまりは、わたくし出品者からのご提案としては、「どうせ勉強するなら、試験制度を有効活用し、ちょっと一工夫して、もう1つ2つ一気に短期間で欲張りませんか」という趣旨となり、下記「3.出品者のアピールしたい実績」の記述内容のとおり、わたくしは、現実の経験者・体験者として、宅建士のみならず、追加的な不動産関係の資格を効率的かつ戦略的に取得するテクニック(一工夫の内容)を知っているので、その旨をお伝え致します。 3.出品者のアピールしたい実績 よくある質問及び出品者のプロフィールページをご覧くださいませ。

購入にあたってのお願い

1.サービスの内容 1-1.できること (1)わたくし自身(以下「出品者」という。)の経験や体験を超えない範囲で、その事実を詳らかにお伝えすること。 (2)出品者の経験等に基づいて、自らが有する知識や情報をお伝えすること。 (3)個別的かつ具体的な出題範囲や学習内容に関するご質問等に対しても、お答えできる範囲内においては、回答すること。 1-2.できないこと (1)出品者の経験や体験を超える範囲のご質問、ご相談等に応じること。 (2)出品者の経験等に基づくことなく、自らが有しない知識や情報をお伝えすること。 (3)個別的かつ具体的な出題範囲や学習内容に関するご質問等に対しては、お答えできる範囲外について、回答すること。 (4)出品者自身の能力の限度を超える情報等を提供すること。 (5)各資格試験の合格を約束し、又はいかなる場合も例外なく完全に保証すること(ただし、その資格試験の効率的かつ戦略的な学習方法や技術等をお伝えし、試験の合格のための一助となることは、これを除く。)。