サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

ペットロスとうまく付き合う方法を教えます

5段階の悲しみのステージを知って、気持ちを鎮める方法です

販売実績:0 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. お届け日数 5日(予定)
    ジャンル
    • その他

サービス内容

33年生きてきて過去2回もペットロスを経験しました。

私は男ですが人より涙もろく、
ペットロスが周囲から理解されないことで、
かなり落ち込みましたが、

現在も動物の癒しの力に感銘を受けて、脱サラしトリマーを続けています。

「もうペットは死ぬから飼いたくない」

そんな気持ちにめげそうになりましたが、

それでも、、
今でも、、

ワンちゃん猫ちゃんと触れ合えています。

そして
今も猫を2匹、「あき」と「ゆき」を飼っているのです。

本レポートではそんな秘訣をお伝えしたいと思います。


このレポートは私が経験した当時の心境や心を持ち直した方法を
心理学的な側面も踏まえて整理したものになります。
それに加え、様々な書籍の内容、事例を織り交ぜて作成しました。


レポートの内容

〜ペットロスを経験された方、これからくるであろうペットロスに
不安を感じている方へ向けて、少しでもその気持ちを緩和してほしい〜

・今の日本をとりまくペットロス事情
・「ペットロス」とは何なのか?
 5つの悲しみのステージとその対処方法
・ペットロス対処方法
 「時間が解決する」、これ以外の具体的な方法
・他の方のペットロス事例(書籍より引用)

レポートを読むことで、
まずあなたはペットロスがどのような心の状態を
示しているのかを理解することができます。

そしてそのペットロスに向き合う「行動」をとることで、
少しだけでも後悔と悲しみの日々が晴れると思います。
「行動」することで、脳の「感情系」の部分より
「運動系」の分野が活発になるので、
悲しみが少しずつ緩和されるのです。


そしてペットロスはペットを失った人の一部が
かかる「病気」では決してありません。

1990年代からペットロスという言葉が
流行りましたが、一部マスメディア等により
「ペットロス症候群」と謝って広がってしまったこともあって
誤解されている部分があります。

ペットロスは死別体験であり、
伴侶動物と暮らしている誰もがいずれは経験することに
なるものです。

ですので、恥ずかしがらずに、理解されないと閉じこもらずに、
前向きな気持ちで一歩を進めて欲しいと思います。

悲しみを癒すには、行動するしかないのです。


ぜひ一度ご覧ください。

すべて読む

購入にあたってのお願い

悲しみは個人のパーソナリティーにも大きく依存するため、
本レポートを読んですぐに気持ちが立ち戻るわけではありませんが、
少しでも早く立ち直って頂けるように気持ちを込めて作成しました。

よろしくお願いいたします。

すべて読む

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス