妊娠糖尿病✅のストレス聞きます

経験者だからわかります❗️食べられないストレス❗️

電話相談
評価
5.0 (1)
販売実績
2
残り
2枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    電話
妊娠糖尿病✅のストレス聞きます 経験者だからわかります❗️食べられないストレス❗️ イメージ1
妊娠糖尿病✅のストレス聞きます 経験者だからわかります❗️食べられないストレス❗️ イメージ1
妊娠糖尿病✅のストレス聞きます 経験者だからわかります❗️食べられないストレス❗️ イメージ2
妊娠糖尿病✅のストレス聞きます 経験者だからわかります❗️食べられないストレス❗️ イメージ3

サービス内容

私は2児の母ですが、1人目も2人目も妊娠時は切迫流産で、自宅安静で出産まで過ごしました。 2人目の時は、追い討ちをかけるように「妊娠糖尿病」の診断がくだされてしまいました。 毎食時の血糖値測定が本当に苦痛でした。 産院の他に、妊娠糖尿病専門医のいる大きな病院を掛け持ちして受診していました。 ただでさえ自宅安静だったのに・・・! 自分の体と赤ちゃんの体のため、と言うことは理解しています。 でも、本当に苦しかったです。 当時の私はベジタリアンの中でもナチュラルハイジーンと言う食生活を送ってました。 ナチュラルハイジーン(以下 ナチュハイ)は、フルーツと野菜を中心とした食生活で、動物性食品は、少々の卵を摂るくらいのものでした。 その食事方法には、妊娠糖尿病の担当医師は興味を持ちつつも、いわゆる一般的な糖尿病対策の食事に沿うことを指示されました。 妊娠糖尿病の診断が下されるきっかけとなった血液検査の時だけ血糖値が高くて、それ以降の定期検査では、血糖値が低くなっていて、もっと食べるように指示されるほどでした。 でも、毎食時の血糖値測定は臨月に入っても続きました。 私は食べることがとにかく好きだったので、それはもう、苦痛以外の何者でもありませんでした。 食事の度に指に針を刺すのも、測定値が出るまでの緊張も。 自分だけの体なら、多少甘くできたかもしれませんが、お腹の赤ちゃんを思うと、我慢に我慢を重ねまくりの日々でした。 今、こうして思い出すだけでも苦しいです。 自宅安静だったので、外にランチにも行けず。 でも、1人目の子供がまだ幼稚園前だったので、いつも家の中で過ごすのが本当にかわいそうでした。 たまに、近所のママ友たちがランチをしに家にきてくれたのですが、トイレとお風呂以外は動くなと言われていた私は、おもてなしも出来ず、持ち寄ってくれた食材の中で、血糖値を気にしながら細々と食べ、みんなの好奇と哀れみの目にさらされながら、血糖値測定をするのです。今思えば、被害妄想も入っていたかもしれません・・・ このページを読んでくださっているあなたも、もしかしたら、同じ気持ちなのではないでしょうか? 食事のこと、病院のこと、測定のこと、同じ境遇の人じゃないとわからないことがあると思います。 どうぞ、遠慮なく、私に話してスッキリしてください。

購入にあたってのお願い

私は医療従事者ではないので、医学的なことや、数値のこと、栄養指導などは控えさせていただきます。 ご了承ください。 妊娠糖尿病の経験者として、心から同じ境遇の方のお話を共感できると思います。 もちろん、妊娠糖尿病のことだけでなく、マタニティーライフについてのお話も大歓迎です♡ 妊娠中は幸せいっぱいですが、大変なこともありますよね。 でも、話す相手に気を遣うこともあると思います。 私には、どうぞ遠慮なくお話くださいね。 ★アプリの通話中、システム環境による音声の途切れ、または切断がまれにございます。 その際はこちらからトークルームにメッセージ送信、又はかけ直しをさせていただきますが、それすら届かない事もあるようです。 こういった状況に対しての低評価・クレームはご容赦いただけますよう、お願いいたします。 ★待機中でない場合は、ダイレクトメッセージをくだされば、お時間調整いたします。お気軽にご連絡ください♡