サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

修正無制限!ご要望どおりの契約書を作成します

【高品質】ココナラNo.1クオリティを目指します♪

5.027 販売実績:39 残り:17枠(お願い中:3人)

サービス内容

京大法学部卒行政書士・中小企業の法務担当が高品質な契約書をオーダーメイドで作成いたします。法令の規定やビジネス・取引の形に適合したオリジナルの契約書でリスクをコントロー
ルできます。

レビューでいただいておりますコメントはとても励みになっております。

● 完全オーダーメイド
お客様からのヒアリング内容をもとにゼロから契約書を起案します。インターネットのひな形の編集で挫折した方やピッタリな契約類型がわからない方にオススメです。

● 充実の契約法務コンサルティング
契約書を作成するだけでなく、契約・取引・ビジネスモデルについての相談、助言、提案が充実しております。▽トークルームサンプルをご覧ください▽

● おひねり一切不要の明朗会計と抜群の費用対効果
基本料金とオプション料金以外に追加費用をいただくことはございません。
また、ココナラ効果・品質は保証いたします。

● 最短即日~概ね5営業日を目安に納品
納期は厳守いたします。スピード納品にも対応可能です。ご連絡さえいただければ、最短即日から数日内に完成できます。事前にご相談ください。

● ハイクオリティ
サービスのクオリティにつきましては、実際にご利用いただいた方のレビューを御覧ください。テンプレでない温かいお言葉がモチベーションの源泉となっております。

● 契約締結プロセスもサポート
相手方様からの修正要望なども対応いたします。

<プラン構成>

● 基本料金 
・作成費用はすべて基本料金に含まれます※付属書類は別途
・トークルーム10日分(起案完了日から)

● 相談料金(オプション)
起案完了日から11日目からは延長料金をいただきます

● 付属書類(オプション)
・申込書などの付属書類の作成も承ります
・1ページごとに料金計算いたします

● 特急作成
3営業日以内に起案完了いたします

● 英文契約書
英文契約書を作成することも可能です。ページ数に応じた専門翻訳料金をいただきます。

● ココナラ受注実績(抜粋)
・ライティング委託・受託契約書
・レベニューシェア契約書(Web・サロンなど)
・業務委託契約書
・コンサルティング契約書
・不動産賃貸借契約書(テナント)
・顧客紹介契約書
・秘密保持契約書
・各種合意書など

すべて読む
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 要相談  / 約13日(実績)

有料オプション


購入にあたってのお願い

<オーダーの流れ>

① 契約書を作成する目的や内容についてトークルームにてご相談
② ①をもとにすべて契約書を起案・共有
③ 質疑応答・加筆修正(回数無制限)
④ 完成データの納品(PDF&Word)

● 不明点につきましては事前にご相談ください(キャンセル不可)
● トークルームはご購入内容に応じたOPEN期間の終了後、クローズします。延長料金をお支払いください
● 期間経過、延長オプション未購入によりトークルームがクローズされた場合でも3日以内は対応可能です
▷ この期間(正式な回答終了済み)以内にご購入いただければ、DM等で追加対応させていただきます。オプション相当額のおひねりでご対応ください。

<契約書作成に必要な情報>

以下のうち該当のある項目について情報を教えて下さい。

● 当事者
● 目的・内容
● 対価金額、支払条件、支払方法、支払期日
● 契約期間・終了条件
● 解除、ペナルティ
● 損害賠償の有無、範囲
● 担保
● 合意管轄の裁判所
● その他参考情報、資料など

なお、守秘義務を遵守いたしますのでご安心ください。

すべて読む

トークルーム回答例

サンプルをすべて見る

サンプルをすべて閉じる

トークルームでの回答サンプル(1)

この度、●●の方との●●契約書の作成を依頼したく、購入させていただきました。

以下、ご確認お願いいたします。

契約・取引の内容・条件

●●●●●●●●
●●●●●●●●
●●●●●●●●

特に

●●●●●●●●
●●●●●●●●
●●●●●●●●

となるよう希望しております

よろしくお願いします。

ご連絡ありがとうございます。

必要情報のご提供ありがとうございます。速やかに素案を作成させていただきます。

作成中も、トークルームOPEN中は随時、お気軽にご遠慮無くご相談ください。
また、私の起案が完了するまでの期間は、基本料金に含まれる「10日」にはカウントされませんので、ご安心ください。

よろしくお願いいたします。

***

●●様、お世話になります。
作成いたしました素案をアップさせていただきます。

一度、ご確認いただき、追加で修正等が必要な事項の有無・内容についてご教示いただきたく存じます。

よろしくお願いいたします。


よくある質問

おひねりの支払いは必要ですか?求められることはありますか?
本サービスにおいて、おひねりの支払いは一切不要です。任意でお支払いいただける方もいらっしゃいますが、レビューでコメントいただけれるだけで大変うれしく思っております。
契約書を作成したことがなく、いろいろ不安です。大丈夫でしょうか?相談にも乗ってもらえますか?
はい、もちろんです。実際に、契約書作成が初めてのお客様の方が多い感覚です。契約書の作成を通じて、契約の組み方やメリット・デメリットなどもわかりやすくご案内させていただきます。
最終支払額の目安はいくらぐらいになりますか?
起案完了から10日以内にご連絡・ご確認作業をスムーズに終えていただければ基本料金+オプション(延長料金を除く)で収まるため、ほとんどのケースでは「15000円」でオプションを追加いただいても最大「21000円」となります。

2019.9.21より受注枠にシステム上の制限があることから、トークルーム延長期間に対して課金する体系に変更させていただきました。スケジュールに余裕のある時期にご利用いただければ幸いです。
契約書には印紙を必ず貼らなければならないのですか?
印紙税法という法律で定められた「課税文書」に該当すると、内容や契約の目的額に応じて印紙を貼る必要が生じることがあります。また、契約書の書き方によってはコピーでも印紙を貼る必要が生じたり、金額が数千円変わったりもしますので、注意と工夫が必要です。
「お届日数」は「納期までの期間」の目安と考えてよいでしょうか?
いえ、違います。

システム上表示されている「お届日数」の集計結果は、お客様からのレスポンス待機期間や、契約書作成後に一定期間トークルームをクローズせず相談期間を設けていることによるもので、「納期」の目安と必ずしも同義ではございません。

納期は厳守しておりますので、ご安心ください。
契約書には「実印」で押印する必要がありますか?
実印による押印が望ましいですが、絶対に実印でなければならないというわけではございません。

実印による押印は、「本人が押した」ことについて証明力が最も高まる方法ですが、例えば、署名+認印などでは効果がないということにはなりません。

署名+実印がもっとも証拠力・証明力が高いといえます。
契約書の作成のポイント、依頼する専門家の選び方などについて教えてください。
契約書は、トラブルになったときの証拠文書というイメージがあると思います。確かにそうです。

しかし、実際には、相手方とのトラブルを防ぐために必要なことをあらかじめ検討し、論点になりそうな事項については相手方とよく確認して、合意内容に曖昧さや紛れの余地をなくすことの方が大切で、その結果を書面にするというのが本来のあり方です。

お互いが契約書の中身をよく読まないまま押印はしても、トラブルのもとにこそなれ、本来の契約目的がお互いに達せられない結果となってしまっては元も子もありません。

つまり、契約後に起こりうる事態を出来るだけ想定し、場合ごとの取り扱いを双方できちんと合意し、文書にしてその内容をしっかり理解することが大切です。

これらの観点から、私は、気になることを遠慮なく聞けて、心情も理解してくれて、適切な提案をしてくれるような専門家の方に依頼させていただくようにしております。
文書が複数ある場合、バラバラになってしまうと、押印していないページを後から差し替えたり、書き換えたりできてしまうように思うのですが、どうすれば良いですか?
複数の文書に関連性、一体性、連続性を持たせるために、「割印」、「契印」などの方法で押印する方法がございます。

具体的には、これらの用語をインターネットで調べると画像が出てくるので、参考にしていただければと思います。

本サービスでも、作成させていただいた契約書にいざ取引相手と押印を交わすといった場面でわからないことがあれば丁寧にご案内、サポートさせていただきます。
契約書に「捨て印」は押した方が良いですか?
絶対に押さないことをオススメします!

捨て印とは、「訂正印の先押し」のことです。つまり、後から書面の内容をいくらでも訂正できてしまうことになります。

文書の内容を修正する場合、訂正箇所を二重線を引きその上から押印したり、文字を挿入してその上から押印するイメージがあると思いますが、訂正箇所の上から押すのではなく、欄外に押印して、加筆修正した文字数について印影の近くに書く方法によるものです。

上から押す方法と違い、訂正と押印にタイムラグがあってよい方法で、その前後は問われません。

捨て印は先に押印だけしておく、ということなのですが、改竄することを認めてしまっているようなものなのです。
もっと見る

評価・感想(27件) 5.0

サービス内容/提案のわかりやすさ
 
コミュニケーション
 
クオリティ
 
納期/スケジュール
 
読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス