子供が受験なのに志望校が未定の親御さん相談のります

行きたい大学、学部が無くて焦っている人今からでも間に合います

電話相談
評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    電話
  2. ジャンル
    • 受験・進学
子供が受験なのに志望校が未定の親御さん相談のります 行きたい大学、学部が無くて焦っている人今からでも間に合います イメージ1
子供が受験なのに志望校が未定の親御さん相談のります 行きたい大学、学部が無くて焦っている人今からでも間に合います イメージ1
子供が受験なのに志望校が未定の親御さん相談のります 行きたい大学、学部が無くて焦っている人今からでも間に合います イメージ2

サービス内容

受験生を指導していると どこの大学や学部を受験したらいいのかわからない という生徒さんが結構います。 将来やりたい事がない。 どの道に進んでいったら良いのかわからない・・・。 自分だけで自問自答していても、 なかなか答えは出てこないと思います。 自分だけの視点で考えて、 袋小路に迷い込んでしまっていると思います。 それでは、あなたは自分の大切な人生を決めるために、 どれだけの行動をしているでしょうか? 学部・学科については調べましたか? 大学についてはどうでしょう。 オープンキャンパスには行ってみましたか? 何だ、そんなことかと思うかもしれません。 でも良く考えてみてください。 調べたり、実際に大学に行ったりすれば、 そこで得られる情報や経験から 何かを感じることができます。 その訪問した大学の雰囲気や、調べた学部、学科の内容から 『ここの大学は雰囲気が良かったな』とか 『この学科はこういう事を学ぶのか。 それだとこういう仕事に就くことになるのか。 これは楽しそうだな』などと 自分の感性を刺激することができるのです。 逆に何もしなければ、 材料が無ければ、考えることも 感じることもできません。 そして、大学に入ったり、実際に授業を受けてから 自分に向いていないことに気付くことになるのです。 行きたい大学、学部が無いと言っている人は、 きっと、一つに決めてしまうのが怖いのだと思います。 だから調べないし、何の情報も頭に入れない。 それだと妄想の中には生き続けることができますが、 現実を知って、適切な一歩を踏み出すことは いつまでたってもできません。 もっと真剣に自分の進路について考えてみませんか? もっと真剣に生きてみませんか? やれる限りのことをして、 それでも行きたい道がみつからなかったら それはそれで仕方が無いじゃないですか。 というか、実際にはそういうことにはならないと思います。 多くの世界を知り、 多くの情報が頭に入ってくれば 脳が動き始めます。 人間は本来、好奇心の塊です。 好奇心がないのは、 自分を粗末にして、何も与えていないからです。 もっと自分を大切にして欲しいと思います。 自分を適切な道へと導く努力をしてあげて欲しいと思います。 電話相談、お待ちしています。

購入にあたってのお願い

僕は多くの人が、この文章を読んで行動し、 自分の興味を知り、自分の事を知って 自分を輝くことのできるような素晴らしい進路選択を してくれることを願っています。