時代は西班牙!流行を 【サッカー専門者】が訳します

スペインブーム!西国のサッカー指導資格取得者【UEFA A】

評価
-
販売実績
1
残り
3枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    要相談
    初回返答時間
    5時間以内(実績)
    用途
    • 出版・メディア・記事
    • 映像・動画
    • Webサイト
    • 商品・サービス
    • 論文・レポート

サービス内容

こんにちは!Keigoです。 私はスペイン・バルセロナで、現地の公立サッカー指導者学校で取得したUEFA A級ライセンス相当の資格を所有しながら、カタルーニャ州(バルセロナ県を含む)で100以上ある中の、6番目に規模のあるクラブチームの育成年代のサッカー指導を筆頭に、翻訳や通訳、日本語教師、観光ガイドなどの幅広い仕事をしています。また、2014年から在住しています。 この国で選手と指導者を経験し、私の独自性やユニークさを皆さんの役に立てたいと思い、ココナラさんを利用しています。 現在日本では、スペインサッカーブームが起きています。国内から安部裕葵選手と久保建英選手を送り出し、スペインからはイニエスタを筆頭にビジャやトーレスなどの様々なビッグスターを迎え入れています。 初めて日本人として、リーガの活躍に手が届きそうだった選手が財前宣之氏でした。あの中田英寿氏が「ザイは特別だから。」と称賛する程の選手でしたが、怪我に悩み、クラブからは期待されていましたが、一度もピッチに出場出来ず、最終的に帰国しました。 日本人リーガ初出場(1999年)した選手が、私の地元北海道出身の城彰二氏でした。しかし、フォワードで15試合2ゴールと目立った活躍は出来ませんでした。 それから、元日本代表中村俊輔選手を始め、幾度共日本を代表する選手達がリーガへ挑戦しましたが、乾選手がプレーする2015年まで10数年ほど、注目される選手は誰もいませんでした。 ここ数年前からリーガへの風向きが変わり、乾選手のリーガの活躍を始め、楽天とバルサのスポンサー契約、ビッグスター達が日本へ移籍、日本人若手選手達がリーガのビッグクラブでの契約など、沢山の日本人達がスペインサッカーへ興味を持つようになりました。 そこで、久保選手やイニエスタがスペイン語で話している動画や記事を日本語に翻訳すると言う需要が増えています。 一般企業にサッカー関連の翻訳依頼すると、専門用語が多々ある為、提示価格は割合として1ワード約38~45円程と提示されます。また、代理店や電話や契約書にサインなど色々と手間がかかる為、時間もかかります。 このサイトは直接やり取りが出来て、仲介を省ける為、専門記事は1ワード辺り28~31円と設定します。 一般記事よりであれば、価格をその価格、または中間辺りを選ぶことが出来ます。

購入にあたってのお願い

ご依頼は3500円から引き受けます。従って、125ワード以上からお申し込みくださいますようお願い申し上げます。 料金表は提示価格と一般レート(個人的に複数企業を調査)を画像として添付しました。 また、質問や修正点が必要でしたら、ご気軽に問い合わせ下さい。 一般翻訳の場合は、 https://coconala.com/services/902674 動画の文字起こしや字幕などがご入用であれば、 https://coconala.com/services/696174 を参考にして下さい。 一般翻訳と専門翻訳(サッカー資格が関与する文)は内容によって判断するので、ご質問等ございましたら遠慮なくお申し付けください。 参考文献 https://www.menzig.es/a/futbol-japon-historia-curiosidades/