サービスを探す

インフオプレナーとして情報販売で稼ぐ方法を教えます

自分の知識や得意がお金になる情報販売ビジネス

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:1 お届けまで:1日(予定)
3,000

30ポイント(1%)獲得

サービス内容

「情報起業」は「情報販売」とも言い、情報商材を販売することにより収益を得るビジネスです。

そして、それら販売者は「情報起業家」「インフォプレナー」と呼ばれます。

情報起業のシステムはダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)という手法に基づいており、簡単に言うと「見込み客を集め、直接的に訴求し、意欲を高めてから販売する」という流れで行われます。

「情報商材」というのは特定のテーマに関する専門的なノウハウをまとめたマニュアルであり、電子書籍(PDF文書)、音声、動画などのファイルをダウンロード形式で提供されるのが一般的です。

具体的なマニュアルのテーマとしては「情報起業で稼ぐ方法」「FXで儲ける方法」「モテない男が彼女を作る方法」「ダイエット方法」といったものが一般的です。

かつては「稼ぐ・儲けるノウハウ」「モテる・恋愛ノウハウ」「ダイエットノウハウ(コンプレックス解消ノウハウ)」の3分野が「売れる3大ノウハウ」などと呼ばれていましたが、今では「スキルアップノウハウ」「ビジネスツール」など、ノウハウ以外のツール・ソフトウェア・サービスなども含めた、ありとあらゆる商材が販売されています。

日本でも情報ビジネス、情報にお金を払うという概念や感覚がだいぶ浸透したこともあり、「情報起業で売れないものはない」と言っても過言ではないほどまでに大きな市場になっています。

情報起業・情報販売は情報やコンテンツを扱うものなので「情報ビジネス」「コンテンツビジネス」という呼ばれ方もされます。

「情報起業(情報販売)」とはビジネス的な言い方をすれば、「情報商材を販売するビジネス」という定義になりますが、本質的には「人の悩みを解決してあげる、人の役に立つためのビジネス」です。

『誰かを助けたい』『誰かの役に立ちたい』『良いものをもっと知ってほしい』という「人への思いやりや愛情」が根底になければなりません。

「相手の役に立った対価としてお金を頂く」 というのが情報販売ビジネスの真髄です。

私自身も情報商材を販売していて、一番売れた商材は1万円にもかかわらず毎日1本ペースで売れています。

情報商材を販売して私が稼いでる方法を教えます。

購入にあたってのお願い

情報商材というのは、ただ作っただけでは売れません。
情報商材は、セールス用の販売ページを作って販売します。
そして、どんなに情報商材の中身がすばらしくても、セールス用の販売ページのできが悪いと、まったく売れません。
情報商材の販売において、セール用の販売ページは、本当に重要な存在なのです。
セールス用の販売ページは、「セールスレター」という形式で作られます。
情報商材は形のない商品を単品販売するため、セールスレターという形式がもっともよく売れるのです。
そのためまずは、セールスレターという形式を習得しなければなりません。
そしてセールスレターに書かれている文章は、コピーライティングという技術によって書かれます。
コピーライティングをひとことで言ってしまえば「人を引きつける文章テクニック」ということです。
情報販売をするには、
「セールスレター」
「コピーライティング」
という2つの技術は絶対に欠かせないと言うことです。
この2つの技術を習得していなければ、どんなに優れた情報商材も売れないのです。
だから情報販売をするためには、まずはこの2つの技術を徹底的に研究するようにしましょう。

一言PR

情報商材を持つことは大切ですが、実は情報商材を『作れる事』はもっと大切です。
情報をまとめて形にするさえできれば、一生お金に困ることのないスキルを手に入れたといってもよいでしょう。
なぜなら、人間の悩みは永遠に続くので、解決策(コンテンツ)はいつの時代も必要となるからです。

よくある質問

利益率は?
情報起業で扱う商材は「ノウハウ(=情報)」です。つまり、原価がゼロ円なのです。
決済システムやASPを利用し、事務手数料・アフィリエイト手数料を払うとしても、平均して売上の90%以上は自分の利益になります。
ここまで利益率の高いビジネスはそうありません。
さらに情報起業は、商材の利益率だけでなく、見込み客の成約率・購買率も非常に高いのです。
自分の扱う商材に興味のあるユーザだけを集め、質の高い情報を配信し続けることで見込み客の購買意欲を高めているからこそ、それが実現できるのです。
利益率が高く、成約率も高ければ、全体の収益が大きくなるのは当然のことです。
情報起業の具体的な手順は?
1.コンセプト決定
・扱う商材のジャンルを決める
・どんな切り口で売っていくかを決める
・マーケティングプラン(事業計画)を立てる
2.無料サンプルの作成
・有料商材の見本となるものなので、無料とは言え全力で作り上げる
 ※メルマガに登録(リストを残してもらう)のが目的、そうすることで直接訴求することができる。
 これがダイレクトレスポンスマーケティング。
3.リスト収集
・作成した無料サンプルを「無料レポートスタンド」に登録し、リストを集める
・無料サンプルをダウンロードできる登録フォームを用意し、リストを集める
 (この場合、ブログ、SNS、ツイッター、SEO、PPCなどでアクセスを誘導する)
4.ブランディング-メール配信による教育と情報提供
・ユーザの知識レベルを高め、共感と信頼を得る
・「この人からもっと教わりたい」「この人の話をもっと聞きたい」と思ってもらう
情報起業では何を売ればいいのか?
情報起業ではよく「『売りたいもの』ではなく、『売れるもの』を売るべきだ」とか「自分が売りたいものと、実際に売れるものは違う。確実に売れるものを売れば、必ず成功できる」などと言われます。
理屈としては確かにその通りですが、それは「売る」「儲ける」というビジネス的視点に重点を置き過ぎています。
「売る」とか「儲ける」というスタンスではなく、「役に立った対価としてお金を頂く」というのが正しいスタンスです。
つまり、「まず自分が…」ではなく、「まずお客様が…」という意識を持つことです。
DRMとは何でしょうか?
一言でいえば、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは「関係性構築ビジネスを作るための仕組み」です。
「関係性構築ビジネスを作るための仕組み」とは文字通り、お客さんと信頼関係を築きながらビジネスを構築するための仕組みづくりです。
具体的には、
お客さんを集めること
お客さんとの信頼関係を築くこと
お客さんに商品・サービスを販売すること
この「3つのこと」を継続的にかつ、徹底的に行うことが、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)、つまり「関係性構築ビジネスの仕組み」づくりの大原則です。
プロダクトローンチとは何でしょうか?
プロダクトローンチとはダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の中の
販売手法クロージング部分に当たるものです。
プロダクトローンチという言葉は直接的には
製品やサービスのビジネスの販売という意味ですが、
インターネットビジネスにおける顧客へのアピールとレスポンス獲得による
爆発的な報酬成果を目指すクロージング手法という認識が強いです。
プロダクト:製品
ローンチ:売り出す
プロダクトローンチが示すところは、
予め発売が決定している商品を発売と同時に爆発的成果をだすための手順を
細かく細分化して体系化したマーケティング手法と言えます。
以下の流れでプロダクトローンチは実践されていきます。
1、集客(プレローンチ)
2、教育(リレーションシップ)
3、販売(ローンチ)
4、運営(ポストローンチ)

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス