ドローン空撮します

この瞬間を「一度だけ」撮りたい方へ

評価
-
販売実績
0
残り
1枠 / お願い中:0
ドローン空撮します この瞬間を「一度だけ」撮りたい方へ イメージ1
ドローン空撮します この瞬間を「一度だけ」撮りたい方へ イメージ1
ドローン空撮します この瞬間を「一度だけ」撮りたい方へ イメージ2
  1. 提供形式
    制作物 (+テキスト打ち合わせ)
  2. 商用利用
    二次利用
    撮影
    BGM・音声
    ハードカバー(DVD等)
    お届け日数
    要相談
    用途
    • 結婚式・イベント
    • 企業・商品PR
    • 広告・CM
    • ECサイト・ホームページ
    • 趣味

サービス内容

海外では結婚式の撮影へのドローン活用が流行っているのを存知ですか? https://youtu.be/q-5UXrjSB2M ■ブレない映像 ビジョンポジショニングシステム搭載機種にて撮影するので、垂直±0.1m、水平±0.3mのホバリング精度にて安定した映像を撮影可能です。 ■高性能な機体を採用 ドローンアースで使用している機種と同メーカーDJIの機体で撮影します。映像クオリティは番組並み! ・最大時速65km ・動画 4K/30FPS ・静止画1200万画素 一生に一度の瞬間を収めるのに、数万円で購入可能な安価な「トイドローン」で撮影されたいですか? 高額で安定した機体で鮮明に収めたくありませんか? イベント、会社PR、プロモーションにご活用ください。 高く飛べるだけがドローンではありません。 安定飛行可能なので、室内でも活用できます。 人口集中地区は総務省のホームページにて確認できます。 http://www.stat.go.jp/data/chiri/map/c_koku/kyokaizu/index.html 人口集中地区は、屋内(四方・上部がネット等で覆われている場所)でのみ申請無しで撮影可能です。

購入にあたってのお願い

航空法に基づいた飛行のみ承ります。 ■飛行不可・認可が必要な場合 ・空港周辺、人口集中地区(住宅街、花見、祭など)、地上から150m以上の場所 ・ドローンから第三者(撮影を承認されていない人や物)まで30m未満の範囲 ・夜間、目視外 ・雨天や荒天、強風時(樹木の葉が揺れる5m/s以上が目安) ■許可手続き 飛行不可な条件で撮影する場合、法令に則り以下手続きが必要となります。 ・国土交通省への飛行許可申請 ・所轄警察署への道路使用許可申請 ・土地・建物所有者の許可 ・ドローン飛行エリアに立入禁止エリア設置 ■お問い合わせ時に是非ご記入ください 撮影可能なものが空撮のみでは無いため、可能な限り具体的に何をどのように撮影したいかをお教えください。 屋外での撮影を希望される場合は、住所やグーグルマップのURLをお教えいただけると必要な手続きを踏まえた提案を行えます。 ※遠方の場合、交通費・宿泊費のご負担をお願いします。