アメリカでソフトウェアエンジニアとして働きたい方へ

500税別

6ポイント(1%)獲得

  • 評価
  • 0
    販売実績数
  • 0
    現在お願い中
  • 5
    お届けまで(予定)

サービス内容

シカゴで5年、セントルイスで1年、日本の会社ではなく純粋なアメリカ企業でソフトウェアエンジニアとして働いています。エンジニアとしてのキャリアは10年程度です。
アメリカで仕事するまではインドでも同じくエンジニアとして仕事をしていました。ちなみに自分は海外に留学したことがあるわけでもなく、また元々は文系の大学を卒業しました。そのため英語もさほどできたわけではないのですが、ここ数年間は日本人の同僚も持つことなくすべて英語での業務をしています。

アメリカでエンジニアとして仕事する最大のメリットはその専門性の高さが正しく評価され給与が通常のアメリカ人の2倍以上、平均で日本円で一千万円近くの収入を望めることです。またアメリカに住むということはエンジニアとしてのスキル以上のスキルが学べるという点でも効果があります。英語はもちろん、仕事の時間が早く終わるため、自分の時間が日本の倍以上もてます。

購入にあたってのお願い

現在の空きポジションを紹介できるわけではありませんが、僕がどのようにしてこのポジションを得るに至ったか、どういう道でアメリカへ住め、どのようにしてアメリカ企業で就職できるかを紹介します。そして現在のアメリカでのソフトウェア動向もお伝えします

一言PR

アメリカでエンジニアとして働くというのは日本の野球選手が大リーグで投げたり、Jリーグの選手がヨーロッパで働くのと同じ意味があると思います。ここでのエンジニア業は世界の第一線で働くのと同じ効果があるため、ぜひとも日本の方には実践して欲しいところです。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス