サービスを探す

データベースの性能問題の解決を支援します

Oracle性能問題の根本原因と改善策を的確にアドバイス!

5.01 販売実績:1 残り:3枠(お願い中:0人)

サービス内容

Oracleデータベースの性能問題が発生したら、根本的な原因を
特定して的確な対策を打つのが一番です。
そのためには、標準で使えるStatspackレポートを利用するのが
お勧めです。

しかし、Statspackレポートを診断するには、Oracleの深い知識と
性能問題を解決した豊富な経験が必要です。
専門のコンサルタントに依頼すると高額な費用が必要になります。

性能問題の根本原因は何なのか、どんな対策が必要なのかについて
簡易的なアドバイスがほしいときにご利用ください。

間違った方向に進んで無駄な時間とコストを消費することを防げます。

・Oracle Database 11g Performance Tuning Expert資格保持者
・社内外のOracle性能改善実績が多数あり
・大手SIerが解決できなかったオンライン処理の性能問題をわずか30分で解決
・バッチ処理時間を1/100に短縮した複数の経験あり

すべて読む
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 3日(予定)
    用途
    • Webシステム開発・サイト構築
    • ソフトウェア・業務システム開発
    • データベース設計・構築
    • サーバー管理・保守

購入にあたってのお願い

・アドバイスの内容は、データベースの状況(待機イベントなど)、
ボトルネックの原因(SQLとテーブル、索引)、対策となります。

・ご提供いただいたStatspackの内容から判断できる範囲内でアドバイスを提供します。

・精度の高いアドバイスをさせていただくために、システム構成、テーブル定義情報、
Oracleを利用するアプリケーションのワークロードなどが明記されていると助かります。

・StatspackがなくてもOracleの性能問題の相談にお答えします。

・100%の性能改善を確約するものではありません。

すべて読む

トークルーム回答例

サンプルをすべて見る

サンプルをすべて閉じる

トークルームでの回答サンプル(1)

Statspackレポートをお送りします。

ボトルネックの原因と対策をアドバイスください。

Table_aテーブルが100万件を超えたところ、バッチ処理が10時間を超えるようになりました。

よろしくお願いします。

Statspackレポートから、以下のアドバイスをさせていただきます。

・データベースの状況
「db file scattered read」待機イベントが全体の30%発生。

・ボトルネックの原因
①Table_aテーブルの「Reads」が高い。
②次のSQLの「Physical Reads」が高い。

・対策
①Table_aテーブルのC1カラムに索引を作成する。
②次のようにSQLを変更する。
③SSD上にTable_aテーブルを移動する。

(注意)上記は一例であり、Statspackの内容により異なる場合があります。

よろしくお願いいたします。


評価・感想(1件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス