カテゴリから探す

介護の事で悩んでおられる方と共に対応策を考えます

介護事業コンサルとして介護現場の実情を目の当たりにしました!

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:20 お届けまで:7日(予定)
1,000

30ポイント(3%)獲得

サービス内容

 定年退職後、教育行政で改革業務に携わり、その後、介護施設の開設運営コンサルタント業務を、関西及び関東で数年間取組みました。既にその頃からヘルパー職の人手不足が深刻な状況でしたので、ヘルパーとしての仕事はしたことがありませんが、事務職や夜勤宿直などの仕事もしました。昼夜共に、フロアーを回り利用者の様子を観察し、ヘルパーからの不平不満中心の相談を受け、看護師さんや栄養士さんそして施設長ともコミュニケーションを図ったりしました。認知症の方への職員の対応やお風呂で起こりやすい事故、施設長が居ない夜の施設内のヘルパーの実情など、携わったのは5施設ほどですが、介護の実態というものを体験し目の当たりに出来たと思います。その報告書を、厚生労働省への提言として送付しております。

 一口に言って、ひどい状況です。言葉や動作を含めた虐待は、まずどこの施設でも大なり小なり起こっていると断言して間違い無いと思います。年齢が故に要介護状態になった高齢者の方々に、本当に心が痛む「こんな社会で申し訳ありません」という気持ちで一杯です。人手不足とヘルパーさんの重労働だけが社会的課題としてクローズアップされていますが、施設内で起こっている虐待はそのような問題とは比べ物にならない質の違う問題です。言わば刑事事件が起こっている訳ですから…。しかし、この様な介護の質の問題については、国の行政府も地域行政もさほど取り上げません。これまで日本社会の発展の為に、学業・就労・納税・消費・地域活動等、社会貢献されて来た方々です。その方々の人生の最終章が地獄の様な状況に置かれている方々がたくさんおられるのです。何故、放置したままなのか?たとえ施設やヘルパーが更に減少しようとも、虐待は絶対に根絶せねばなりません。重度の要介護状態になると自ら訴える事など出来ないのです。しかもご家族の面会も減ります。近くにご家族や親せきがいらっしゃらない利用者もおられます。我慢して死んで行くしかないとでも言うのでしょうか?

 介護に関するお悩みはどのようなお立場でのことでも結構です。ご家族の方だけでなく、ヘルパーの方、看護師さん栄養士さん、事務職員の方、どなたでも結構です。そのまま我慢せず、気になることがあれば是非ご連絡下さい。一緒に対策を考えましょう。私も、両親の介護に携わった身ですので、同じ心で取組ませて頂きたいと思います。

購入にあたってのお願い

貴方が、どのようなお立場であっても結構です。課題のテーマが「介護」であれば、一人で悩まずご連絡下さい。多角的な経験と知識をもとにご一緒に取り組ませて頂きたいと思います。また、行政との人脈も豊富ですので、自己や事件に関するご相談でも結構です。場合によっては私も動きます。

一言PR

私は人生のエピローグいます。これまでを振り返り、性格的なことや考え方が災いし失敗は山ほどあります。でも、反省はしていますが後悔はしていません。しかし唯一つ後悔していることがあります。今もほぼ毎日夢に登場します。それは、「親をもっと大切にしておきたかった‥」という思いです。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス