カテゴリから探す

理学療法士が身体に負担のかからない介助法教えます

相手に負担をかけずに、自分も腰痛などを予防する方法です。

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:3日(予定)
500

5ポイント(1%)獲得

有料オプション

サービス内容

理学療法士として働いています。脳卒中による麻痺や寝たきりの方に日々接している中で、被介助者の負担だけでなく介助する側の負担を少しでも減らしたいと考えています。在宅を長く快適に送るためにも互いに負担を減らしながら、自力を用いた介助法を豊富な経験からアドバイスさせていただきます。

有料オプション

このサービスには、500円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

介助法ということで文章では伝わりにくい部分はあると思います。そして、あくまでも人の動きをサポートするのが本来の意味であるので、ある程度の力は必要です。
疾患によってはコツが必要なため(例えば脳卒中の人の歩行介助、起居動作)効果が最大限に活かされない場合もあるので事前にご了承ください。
その他オプションで認知症の方の接し方など関わり方についてのアドバイスも行っています。

一言PR

理学療法士の存在は怪我をするか病気になるかでしか関わらない仕事です。少しでも僕らの存在と有効性を表に出せればいいなと思っています。
できるだけ分かりやすい説明を心がけますのでよろしくお願いします。

よくある質問

脳卒中の人のみが対象ですか?それとも身体の弱った人のために使える技術ですか?
主に身体の不自由な方全般に使える技術です。
基本的には床擦れ予防のための寝返り・起こす介助、
車椅子とベッド間の移乗動作、
歩行介助法などです。
介助する側の方が体格が小さいのですが大丈夫ですか?
相手の力を利用したり、介助がしやすいような身体のバランスを整えるので最小限の力でできるような方法をお伝えします。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス