カテゴリから探す

sassを教えます

sassがまだあまり分からない方向け

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:要相談
5,000

50ポイント(1%)獲得

サービス内容

cssは分かるけど、まだsassがあまり分からない方へ
cssをsassに変換いたします。

これまで、 CSSはそのままstyle.cssのようなファイルに直接スタイルを書いていく方法が主流でした。
しかし、Webサイトが巨大化したり、より高度で細部にまで渡ってスタイルを決めていく場合、 ファイルサイズが大きくなり、どうしても保守性に欠けてしまいます。

そこで登場したのが、プリプロセッサーであるSassやLESS、Stylusといったメタ言語です。
こうした言語を使うことで、 CSSをよりプログラミングに近い形で扱うことができるようになります。

購入にあたってのお願い

ページのコーディングはいたしませんので、ご注意ください。


■Sassのメリット

Sassを使うと、どんなメリットがあるのでしょうか?
ここでは、Sassを導入することで得られる主なメリットを挙げてみます。

1. 開発のスピードが飛躍的に上がる
先ほどのコードを見てきたように、Sassを使うことでコード量を大幅に減らすことができます。
結果的に開発スピードが上がり、生産性を上げることが可能です。

2. 保守性が高まる
コード量が減り、ネスト構造や関数を使ってコードをより見やすく書くことができるので、保守性やメンテナンス性が高まりリファクタリングがしやすくなります。

3. バグの量が減る
コード量が減り、コードの見通しが良くなると、バグを早期に発見できたり、そもそものバグの量を減らしたりことができます。
また、コーディングのエラー部分はコンパイルの時点で教えてくれることもあります。

一言PR

cssは分かるけど、まだsassがあまり分からない方へ

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス