行政書士・宅建士が不動産割賦売買契約書を作成します

住宅ローンが使えない「親族間、再建築不可物件」不動産売買向き

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
行政書士・宅建士が不動産割賦売買契約書を作成します 住宅ローンが使えない「親族間、再建築不可物件」不動産売買向き イメージ1
行政書士・宅建士が不動産割賦売買契約書を作成します 住宅ローンが使えない「親族間、再建築不可物件」不動産売買向き イメージ2
行政書士・宅建士が不動産割賦売買契約書を作成します 住宅ローンが使えない「親族間、再建築不可物件」不動産売買向き イメージ3
行政書士・宅建士が不動産割賦売買契約書を作成します 住宅ローンが使えない「親族間、再建築不可物件」不動産売買向き イメージ4
提供形式 ビデオチャット打ち合わせ可能
お届け日数
5日(予定)

サービス内容

銀行から住宅ローンを断られた方向けに、不動産割賦売買契約書を 作成します。具体的には、次のような不動産売買に向いています。 ・再建築不可物件 ※接道要件を満たしていない等 ・築年数が古い物件 ・親族間売買 再建築不可物件や親族間不動産売買の住宅ローンは、大半の銀行で は利用不可です。担保評価や目的外利用が不可理由ですが、 そうなると、現金一括、不動産担保ローン、要件が厳しいフラット 35などに限られてしまいます。 そこで、知り合いや親族間など関係性が深い間柄での協議により、 長期の分割払いで合意できれば、金利や手数料を銀行に支払うこと なく、不動産割賦売買が可能となります。 【商品内容】 割賦売買契約書は「A4サイズ:4枚」が基本フォームとなり、 すでの合意した内容に沿って作成します。 契約書内容の基本条項例は、以下のとおりです。 第1条(目的) 第2条(売買代金及び支払方法) 第3条(手付金の支払い) 第4条(所有権移転登記) 第5条(引渡し) 第6条(担保権等の抹消) 第7条(危険負担) 第8条(公租公課の負担) 第9条(火災及び地震保険の付保) 第10条(期限の利益喪失) 第11条(遅延損害金) 第12条(契約解除) 第13条(違約金) 第14条(費用の負担) 第15条(協議事項) 第16条(合意管轄) ご希望により、追記や変更は可能です。 ・割賦期間は最大35年 ・代金回収のリスクヘッジとして抵当権を設定する場合  (抵当権設定契約書作成 ) ・強制執行認諾約款付き公正証書にする場合 などは、有料オプションでご依頼可能です。 ※抵当権設定登記は、司法書士へ別途ご依頼ください。 ※公正証書作成には、公証人手数料等諸費用が別途必要となります。 【注意点】 ・売買対象不動産に銀行等の抵当権が残っている場合は、  抵当権を抹消しない限り、割賦売買はできません。 ・無利息での割賦売買は「みなし贈与」となる可能性があります。 【ご購入後の流れ】 ①「不動産概要資料、売買条件等」をお知らせください。 ②「①」到着の翌日より3日以内に草案をお送りします。 ③ご確認後、訂正無しの場合は清書の上、翌日中に納品。  訂正ありの場合は、翌日中に修正内容をお送りします。 ④訂正内容で問題無ければ、翌日中に納品。

購入にあたってのお願い

【ご購入後お知らせいただきたいこと】 ①不動産概要が分かるもの   ※概要一覧やチラシ、登記簿謄本など、分かれば何でも結構です。 ②売買条件が分かるもの(メモ書きでも可)  ※売買金額、「手付金・中間金(ある場合)・残金」の内訳、所有権移転時期、 抵当権設定の有無、割賦利息の有無と利率、割賦期間、その他約定した内容。 【有料オプション】 契約書基本フォームは、不動産割賦売買契約書「A4:4枚」です。 そのため、ページ数が4ページを超過するもの、返済表作成などは、有料オプションとなります。詳細は、有料オプション欄をご確認ください。 【修正回数】 原則、2回までとさせて頂きます。 【納品】 不動産割賦売買契約書 「word」で納品。 ※有料オプションで「返済表」ご購入の場合は「PDF」で納品。

有料オプション

価格
38,000(税抜)

出品者プロフィール

行政書士平田総合法務事務所 平田康人
男性
最終ログイン:
6分前
本人確認
機密保持契約
インボイス発行事業者
スケジュール
月~金・土 9:00~18:00 ※日曜日は事前予約のみ対応。 ※お問合せに対する回答は、原則1~12時間以内としておりますが、業務上、不動産調査で地方に移動する  ことも多く、お返事が稀に12時間を超過することがございますことをご容赦ください。(稀にですが)