フィルムカメラの使いこなしの基礎をお教えします

デジタル全盛の今だからこそできる!フィルム一眼レフでの勉強を

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト ビデオチャット打ち合わせ可能
  2. お届け日数
    要相談

サービス内容

カメラ初心者の方向けにご説明しています。 デジタルカメラが全盛となった現在、かつてのフィルムカメラは極端に居場所を失い、リサイクルショップにあふれています。 デジタル全盛の今だから、手の届かなかった一眼レフやビンテージカメラを手ごろに楽しめるフィルムカメラ、一眼レフやコンパクト、フルマニュアルの機械式カメラからオートフォーカスを積んだ電子式プロ用一眼レフカメラまで。 高価なデジタル一眼や古マニュアルビンテージカメラを使って撮影する前に、写真の基本を習得しましょう。 お父さんが、かつて大枚はたいて購入した一眼レフカメラやマニュアルカメラは、その使いかたさえ知らない世代が増えました。 しかし写真の撮影技術について、デジタルとフィルムでさして変わりがあるのでしょうか? デジタルになり手軽に画像が得られる今でも、美しい写真や説得力を持った写真の撮影方法、美しいぼかしどは、スマホのカメラや、コンパクトデジカメではできない技術です。 フィルムカメラの本体が、高くても数万円(ジャンク扱いなら数千円)と安く購入できる今だからこそできる、憧れのフィルムカメラ、一眼レフカメラやビンテージカメラでの撮影。 写真があまりにも手軽に撮影できる現代、だけど上手にぼかしをいれたり、夜景をきちんと撮影するなど、スマホやコンデジではできない技術は、フィルム機の技術からきています。 最高級デジタル一眼レフやマニュアルビンテージカメラのすべての機能を使いこなすことこそ、このサービスの目的です。

購入にあたってのお願い

1か月の間、週に一度、トークルームとビデオチャットによるサポート。 カメラ談義を含め、各社カメラの詳細をお伺いします。 フィルムカメラでの撮影には、カメラとフィルムが必要です。 古いカメラがあるという方はメーカーと型式をお知らせください。 年代物の機械式カメラは、撮影技術にスキル、経験が必要ですが、撮影することの満足感は最高です。 高級デジタル一眼レフやミラーレス一眼カメラに通じる操作を学べるのは、フィルム一眼レフやコンパクトカメラのなかでも35mm・AI・AF フルオート撮影が可能なカメラです。 これからを新たに購入する方は、ダイレクトメッセージにてご相談ください使いやすいカメラをご紹介します。 一眼レフカメラはフィルムカメラの過去技術を蓄積して、現在のデジタルカメラになっています。 撮影技術は構え方から始まりレンズの扱い、絞りとシャッタースピード、三脚や機材の扱いなど多岐にわたります。 フィルムでの撮影を知れば、当然ながらデジタルでの撮影に応用できます。 また、レンズはデジタル機と互換しているものも多く、本体ボディーの交換とレンズアダプタ―を利用するだけで使える場合が多いです。