カテゴリから探す

YouTubeでの「第三者とのコンテンツと一致しました」でお悩みの方へ

5.03件) 販売実績:6
現在お願い中:0 残り受付枠:10 お届けまで:2日(予定)/約2日(実績)
500

5ポイント(1%)獲得

サービス内容

 動画の撮影の際、意図しないところで通りのBGMや雑踏の音楽等が入り込み、編集でそのBGMや音楽を分離することができないでYouTubeにアップロードすると、「第三者のコンテンツと一致しました」と表示されることがありませんか?

 平成25年1月1日から施行された改正著作権法(第30条の2)でそれを回避し、再収益化することができます。ここではその方法についてご案内しています。

サービスのサンプルがご覧いただけます。
サンプルをすべて見る
サンプルをすべて閉じる
サービス紹介動画

購入にあたってのお願い

【ご提供内容】

■著作権法(第30条の2)に従って、YouTubeの「異議申立て」を行う方法を、PDFファイルとしてご提供いたします。

■これは著作権法(第30条の2)に該当する場合の対処方法ですので、明らかに著作権侵害である場合の利用はできません。

■この方法によって100%解決できることを保証するものではありません。ケース・バイ・ケースで対応しなければならない場合も出てきます。

■転載、転売はお断りしています。

一言PR

 YouTubeがまだ英語版だった2006年7月に登録して動画を投稿しています。現在、YouTube公式フォーラムのRS(注目ユーザー)、YouTube Help Heroes(公式YouTubeHelpチャンネル)の一員として活動させていただいております。

よくある質問

「著作権法第30条の2」とは何ですか?
いわゆる動画への「入り込み」「映り込み」に関して、撮影の際に撮影対象と他人の著作物を分離することが難しい等の場合、著作権法に違反しないことを明確にしました。
いつから変わったのですか?
2013(平成25)年1月1日から施行されました。
楽曲はどこまでが「入り込み」になるのですか?
著作権法第30条の2では、「入り込んだ著作物が映像全体のなかで軽微な構成部分にすぎない」となっていますが、ケース・バイ・ケースで対応する場合も出てくるかと思います。
PDFファイルには、どこまで書かれていますか?
著作権法第30条の2に従って、YouTubeの「異議申立て」フォームにどのように何を記せば良いのかを具体的にまとめています。
YouTubeから著作権侵害の警告を受けたのですが・・・
申し訳ございません。このサービスでは対応できません。これはあくまでも「著作権法第30条の2」に基づいた異議申立ての手順についてまとめています。

評価・感想(3件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス