エキスパート1

どの法人で設立するのが良いのかお答えします

これから法人を設立する方向け!

1,000

10ポイント(1%)獲得

有料オプション
by omitaka

サービス内容

これから法人を作りたい方、または既にある団体を法人にしたい方向け!

法人設立の専門家の行政書士が、どの法人で設立するのがよいかを
分析して、お答えします!


法人にはたくさんの種類があります。
どなたでも知っている株式会社から、特定の人しか作れない弁護士法人、
学校法人、医療法人などがあります。


法人を設立したい場合、まず最初にどの法人形態にするかに迷うことがあります。
後で、組織変更ができる場合もありますが、お金もかかりますし、法人の運営上、できればそれは避けたいところです。


「株式会社を作りたい!」と決定していることも多いと思いますが、
どの法人を設立したいか迷うこともあると思います。

法人の中でも、株式会社、合同会社、NPO法人、一般社団法人、一般財団法人という、通常、設立することが多いものの中で、あなたにあった法人をお答えします。

有料オプション

このサービスには、1,000円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

■分析の流れ
1.お答えしていただいた内容を拝見し、ご依頼を受けることが可能か確認します
2.確認後メッセージをお送りします 
3.分析結果をお送りします

↓にお答えください。決まっていない部分については決まっていないとお書きください。

・法人を作る目的は、利益を得ることですか?
同じ法人に所属する人や社会のために役に立ちたいからですか?

・社会的なイメージを重視しますか?

・法人を作るにあたって、出資者と経営者は違う人ですか?

・設立に必要な税金は、安い方がよいですか?

・利益が分配できなくても、よいですか?
 
・行政による監督があってもよいですか?

・参加人数(法人の構成員、役員)は何人くらいですか?

・税制面で有利な法人がよいですか?

・運営の機動性(事業の変更をしたい場合、すぐにできるかどうか等)は
重視しますか?

・上記の中で一番重要視するのはどれですか?

一言PR

行政書士という仕事を通して、数々の法人設立に携わってきました。

法人の種類を迷われるお客様がおり、分析後、
当初の法人とは違う法人を設立したことがあります。

今は法人の種類も増え、設立もしやすくなりました!

東京都行政書士会所属
登録番号 05080607

よくある質問

株式会社、合同会社、NPO法人、一般社団法人、一般財団法人以外の法人については、答えはもらえないのでしょうか?
基本的には、株式会社、合同会社、NPO法人、一般社団法人、一般財団法人のうち、どの法人が向いているのかをお答えします。
法人には、定款が必要だと聞きましたが、自分でも作成できますか?または、作成はしてくれますか?
定款はご自身で作成することもできます。難しい部分もありますので、その時はお問い合わせください。

評価・感想(6件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス