不動産登記の疑問に答えます

自分で登記をしたいけれど、わからなくて困っている方へ

評価
5.0 (4)
販売実績
5
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    要相談 / 約16日(実績)
    初回返答時間
    24時間以上(実績)
不動産登記の疑問に答えます 自分で登記をしたいけれど、わからなくて困っている方へ イメージ1
不動産登記の疑問に答えます 自分で登記をしたいけれど、わからなくて困っている方へ イメージ1
不動産登記の疑問に答えます 自分で登記をしたいけれど、わからなくて困っている方へ イメージ2

サービス内容

抵当権抹消登記や相続登記(相続による所有権移転登記)は、ご自分で申請しようと考える方も多い登記です。不動産登記の中では簡単な部類に属する登記ですが、それでもいざ登記をしようとすると疑問点がいろいろ出てきて困っている方も多いと思います。 このサービスは、そんな方に登記の専門家である司法書士に気軽に質問して、疑問を解消していただくためのものです。 また、抵当権抹消登記や相続登記以外のご質問でもメッセージのやりとりだけでお答えできそうなものであればお答えしますので、まずはダイレクトメッセージで、こんな質問にも対応してもらえるだろうか、といったことをご相談ください。 各地の法務局で登記相談をしていることも多いですが、平日の昼間に行くのは難しい、わざわざ法務局に出かけて聞くようなことではないかもしれないけれど、ちょっと専門家に聞いてみたい、というような方はぜひこのサービスをご利用ください!

購入にあたってのお願い

1.極力、購入前に「こういう相談をしようと考えているが答えてもらえるだろうか」とメッセージをお送りください。 2.このサービスでは代わりに書類を書いたり、書類に直接赤字を入れて訂正したりということはしません。すべてチャットでのやりとりとします。 3.あまりに複雑な問題には回答できないことがあります。 4.既存の書類に自分で記入することについての質問の場合などは、極力その書類に書かれていること全部をお教えいただくか、書類をファイルでお見せください。 5.1回のサービスで対応させていただくご質問の数は厳格に決めていませんが、「だいたい3問」とさせていただきます。このあたりはご購入者様とのやりとりの中でフレキシブルに対応させていただきます(ご購入者様が3問を超えているのではないかとお考えでも、出品者は3問以内の範疇に入ると考えることもありますし、ご購入者様は3問以内とお考えでも出品者はそれを超えると考えざるをえず、有料オプションを購入していただいたり、おひねりをいただきたいとお願いすることもあるという意味です)。

有料オプション