1分120円自動翻訳フレンドリーな字幕を作ります

①タイムコード入り字幕SRTファイルを納品します。

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
1分120円自動翻訳フレンドリーな字幕を作ります ①タイムコード入り字幕SRTファイルを納品します。 イメージ1
1分120円自動翻訳フレンドリーな字幕を作ります ①タイムコード入り字幕SRTファイルを納品します。 イメージ1
1分120円自動翻訳フレンドリーな字幕を作ります ①タイムコード入り字幕SRTファイルを納品します。 イメージ1
お届け日数
5日(予定)

サービス内容

YouTubeの字幕(キャプション)作成を代行するサービスです。 YouTube Studioから作成した字幕SRTファイルをアップロード可能です。 ※お届け日数(4日)は、動画5本まで依頼される場合の納期です。5本以上の場合はお届け日数が長くなる場合がございます。 また、動画の長さによっても変動いたします。 ※動画に直接字幕を焼き込むサービスではありません。 ※公開 or 限定公開された動画に字幕を表示するSRTファイルを納品いたします。(YouTube Studioからアップロード可能) ※翻訳ではありません。日本語音声に日本語字幕をつけます。 ※翻訳したときに自然な文章になりやすいように文章を整形するため、日本語はやや堅い表現になることがあります。音声をそのまま文字に起こしたいときはお申しつけください。 ※YouTubeに直接SRTファイルアップロードまでを代行することも可能ですが、その場合は私のYouTubeアカウントを「字幕編集者」として権限を追加していただく必要があります。 YouTubeには字幕機能というものがあり、タイムコード入りのSRTファイルをアップロードすることで字幕を表示できるようになります。 これにより視聴者は動画再生画面から、字幕のオン・オフを切り替えられるようになります。 ●YouTubeの標準機能で字幕をつける理由 字幕という文字情報を動画に加えることで、YouTubeの検索エンジンは検索意図に近い動画を表示することができます。 タイトルや説明文、タグなどに動画の内容を表現する文字情報を追加することはできますが、文字数が限られており伝えたいことを全て伝え切ることはできません。ですが、動画内で発言している内容が全て字幕で文字化されていることにより、タイトルや説明文ではカバーしきれない内容も検索アルゴリズムに伝えることができます。 最近は編集段階で直接字幕を入れ込んでいる動画も多いですが、これが必ずしも良いこととは限りません。 中には動画内に文字が表示されることで邪魔に感じることもあるはずです。そのため、字幕はオン・オフが切り替えられるほうがユーザーにとっては利便性が良くなります。 ●10本以上依頼される場合の料金 10本以上:110円/1分 上限15本

購入にあたってのお願い

YouTubeの動画をメインにお受けしますが、通常の動画の字幕作成(SRTファイルの作成)も行っております。 購入後は、YouTubeのURLをお送りください。 字幕の作成が完了し次第、SRTファイルを送付いたします。 また、あなたのYouTubeチャンネルに直接SRTファイルをアップロードすることも可能です。 ただしこの場合は、私のYouTubeアカウントを「字幕編集者」として権限追加していただく必要があります。 権限追加の手順はPDFファイルでお送りいたします。

有料オプション