エキスパート1

労働基準監督署、社会保険労務士のガイドブック

1,000税別

11ポイント(1%)獲得

サービス内容

『ブラック企業』という言葉が知られるようになりました。
労働トラブルの際には、労働基準監督署(労基署)に相談する方が多いと思います。

(皆さんの持つイメージは「無料」で「労働者の味方」の「労基署が助けて」くれる…でしょうか?)

しかし、労基署には警察と同様に『民事不介入』の原則があります。
会社や経営者などとトラブルになった個人の救済については、「社長とじっくり話し合ったら?」とか「裁判で訴えたら?」などと助言されることもあります。

匿名メールでの情報提供も、書き方を間違えると無意味になります。
では労基署の利用は無駄なのでしょうか。そんなことはありません。

正しい使い方をすれば、労基法違反について逮捕権を持つ『労働基準監督官』が動いてくれます。
私は、
①相談内容の整理②労基署の説明③手続き情報の提供④専門家(社会保険労務士等)や民間組織の紹介といったお手伝いをさせて頂きます。

購入にあたってのお願い

労基署へ相談の場合はメール、手紙、電話、面談の方法があります。
①どの方法を選ぶのか。
②匿名で進めていきたいのか。
③どこまで本気(努力、闘う覚悟のレベル)なのか。
④訴えていく問題点はどこか、そして何を希望するのか。
⑤単にブラック企業への対策として、知識を得る目的なのか。
これらによって話せる内容や使える制度が変わってきますので、よくお考えください。

(日本国憲法第13条に保障されているのは幸福権ではなく幸福追求権です。
我慢するだけでなく行動すること、一歩踏み出す勇気、これらを持って頂ければと思います。)

回答の結果をどのようにご利用いただいても自由ですが、ご相談者の責任においてご利用ください。
回答には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万が一、本回答に基づき損害が発生した場合、いかなる損害につきましても、当方は責任を負いません。

一言PR

社会保険労務士には、社会保険労務士法により、罰則付きで秘密を守ることが義務付けられています。
安心してご相談ください。

よくある質問

民事不介入ってなんですか?
労基署を含む行政組織というものは、法律に基づいてその権限を定められており、これを越えて活動することはできません。
労基法の違反には『刑事罰』の適用がありますが、個人間のトラブルは基本的に関与しません。

あくまでも労働基準監督署は『監督』でしかなく、司法の『審判』ではありません。そのラインの見極めは専門家の意見を聞くのがいいでしょう。
今は大丈夫だけど・・・将来が不安なんです・・・
企業規模、職種に関係なく、勤務先が突然に『ブラック企業』となる可能性はあります。

とれない疲労感、時間もない、心の余裕もない、そういった非常事態で的確に行動できるでしょうか。また、必要なアドバイスを受け入れられるでしょうか。
それためには事前の準備(基礎知識)が大切です。そのためにここを利用するのも良いことだと思います。
また、貴方自身だけでなく、家族や友人の異変を感じた時に、選択肢があることに気づく『きっかけ』を与えてあげてほしい。そう思います。
労働基準監督署への匿名メール、情報提供の書き方について教えて下さい!
個別メール内容の「添削」は別料金になりますが、特製の書き方パンフレットをお送りできます!これを見て書き方の参考にしてください。それに関する質問ならOKです。なるべく答えていきますね!誰でも匿名での情報提供はできるのですが、内容が的外れであったり、不十分なことが多々あるようです。そんな内容では何十回送ろうが無駄となってしまいます・・・覚えておいて下さい。
就活でのブラック企業の見極め方を教えて下さい。
求人内容や資料を見ることによって、おおよその判断は可能です。参考になる情報をお伝えします。しかし、◯◯株式会社はブラック企業ですか?等の直球質問はお控え下さい。
現在ホワイト企業と呼ばれていても、ブラック企業化する可能性はあり、就活のときだけ注意すればいい問題ではありません。
これからの対処方法についてお答えすることになると思います。
仕事が辛くても、我慢してれば報われるのではないのですか?
高度成長期だった昔の日本は、我慢して働いていれば仕事のコツを覚え、自動的に給与も上がり、長期雇用で老後も安心となっていました。
しかし現在では仕事の辛さはそのまま(それ以上か)で、給与は低いまま、体を壊せば捨てられる(突然のクビなど雇用が安定していない)というのが増えています。
まずはあと一年間我慢して働いたときに、今よりマシになっているだろうかと想像してみてはいかがでしょうか。

評価・感想(4件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス