時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート!

電話相談
評価
-
販売実績
0
残り
10枠 / お願い中:0
時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート! イメージ1
時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート! イメージ1
時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート! イメージ2
時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート! イメージ3
時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート! イメージ4
時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート! イメージ5
時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート! イメージ6
時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート! イメージ7
時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート! イメージ8
時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート! イメージ9
時短営業の協力金(1日6万円)申請をサポートします 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の申請を電話サポート! イメージ10

サービス内容

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金が申請開始となりました! 第1弾(1月14日~2月7日)と第2弾(2月8日~3月7日)を合わせて「最大318万円」になります。 弊社では、申請書類の不備や期限切れにより、給付が見送られることが無いように経験豊富な専門家による電話相談で申請サポートを行っております! 【申請期限:3月1日】 ★【すでに多くの申請依頼】 申請開始に伴い、既に非常に多くのクライアントから申請依頼のご予約をいただいている状況です。そのため、ココナラでも申請サポートを開始させていただきました。【現在18人申請済み】 ■【注意点】 協力金の申請窓口は各都道府県となっております。 そのため、基本的に弊社では、弊社の立地する「兵庫県内での申請サポート」を行っております。 そのことから、兵庫県以外からのご依頼の場合は、電話中に申請内容の確認が必要となります。 ・・・・・ ★【このような方に】 ・パソコンが苦手で申請書類の作成が難しい。 ・申請書類の作成が苦手。 ・忙しく申請書類の作成が困難。 ★【完全サポート】 これまでの持続化給付金や家賃支援給付金・協力金の申請では、何度も追加資料の提出を求められたり書類不備から給付自体が認められなかった事業者が数多くいます。 おそらく、今回の協力金においても追加資料の提出や修正などが求められることとなるかと思います。 ★【協力金の内容】 ①金額:1日/6万円(最大給付額は150万円(25日分)) ②期間:令和3年1月14日(木)~2月7日(日) ③申請開始日:令和3年2月8日(自治体により違いあり) ④申請締切日:令和3年3月1日 (※)1月14日以前に各自治体独自で要請が出された地域はさらに上乗があります。 ★【サービスの流れ】 ①電話相談サービスから「電話予約を申し込む」よりお申込みいただきます。 ↓ ②電話相談にて必要書類の確認や申請にあたっての注意点などを順序だててお伝えさせていただきます。 ↓ ③申請者様より申請していただきます。 ※本サービスは、あくまで申請者ご自身で申請をしていただくものであり、弊社が申請書類の作成を代行するものではありません。

購入にあたってのお願い

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第1弾:令和3年1月14日~2月7日)の申請が始まりました。 ※1月14日より前に各自治体独自の時短要請があった地域は協力金の上乗せ分があります。 ■申請書類の作成 ■添付書類の確認 ■記入漏れや不備のチェック ■定休日設定や不定休に関して 等々、申請には細かなチェックが必要となります。 不備等があった場合は、再提出となるだけでなく給付されないといった場合もありますのでお気を付けください。 申請にあたっての相談はまずはお電話ください。