知ってるつもりで知らなかった! ある尺度を教えます

自分の「閾値」を知ってみよう!なぜここで苦しくなったのか?

評価
4.2 (5)
販売実績
5
残り
5枠 / お願い中:0
お届け日数
2日(予定) / 約9日(実績)
初回返答時間
3時間以内(実績)
知ってるつもりで知らなかった! ある尺度を教えます 自分の「閾値」を知ってみよう!なぜここで苦しくなったのか? イメージ1
知ってるつもりで知らなかった! ある尺度を教えます 自分の「閾値」を知ってみよう!なぜここで苦しくなったのか? イメージ1
知ってるつもりで知らなかった! ある尺度を教えます 自分の「閾値」を知ってみよう!なぜここで苦しくなったのか? イメージ2
知ってるつもりで知らなかった! ある尺度を教えます 自分の「閾値」を知ってみよう!なぜここで苦しくなったのか? イメージ3
知ってるつもりで知らなかった! ある尺度を教えます 自分の「閾値」を知ってみよう!なぜここで苦しくなったのか? イメージ4

サービス内容

バランスをとるとか、とどまるところを知ることというのは、現代人 はあまり重要視しないように思います。右肩上がりで、どんどん伸ば していけば解決するよと思いがちなのです。 さてここで、閾値(いきち)というものを考えてみましょう。 まず「閾値」(いきちと読みます。あるいは「しきい値」とも言いま す)という概念を取り上げます。 聞きなれない言葉ですが、ものごとの性質が変化してしまう境になる 値のことを言います。 たとえば、身近にある製品で、物を引っ掛けて吊るすフックというも のがありますね。 お店で見てみれば、このフックの最大荷重は何㎏とか書かれていると 思います。 その製品は5kgまでの重さには耐えられるけれど、それ以上重いもの をかけると外れて落ちてしまうという、閾値が書かれているのです。 私は騒ぐのが好きと自他共に認めている人も、ふと仲間の中 にいるときに苦痛を感じ出すかもしれません。なぜかわからないけど 、私何やってるんだろう?と思いだしたり、何かここにこれ以上いるの が苦痛になりだす、あるいはさっきまで楽しかったのに、急に気分が 落ち込んだり、悲しくなってきたりするかもしれません。 「騒ぐのが好き」から「ひとりが好き」までの尺度があるとするなら 、そこにも私の快適さを左右する閾値が存在するのです。 逆の場合もあります。 私は一人でいるのが好き。すぐに部屋に戻ってひとりになりたい。私 はそういう人なのと認めています。 しかし、そんな人でも、一人で部屋にいたら他の部屋から家族の笑い 声が聞こえて来ました。 とっても楽しそうにしています。私も参加したくなる。 でも、「いいえ私はひとりがいいの」と決めつけていると、素直に 「なになに、私も入れて」という行動が取れなくなります。 このように、閾値を考えずに、私はどっちと大雑把に2元論で考える のが、私たちが通常やっていることなのです。そして、それが私たち に苦しさを感じさせている原因にもなります。 もっと細やかに、いろいろな尺度で自分の中の閾値というものを考え てみましょう。