サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

自分は迫害者・犠牲者・救助者のどれ?教えます

人間関係で自分はいつも3つのどれかだと感じてしまう人

5.02 販売実績:2 残り:5枠(お願い中:0人)

サービス内容

他人の面倒を見たい、正当に扱われていない、なってない人が多すぎる。あなたはどれを感じることが多いでしょう。交流分析(迫害者・犠牲者・救助者)という3つの役割で自分の人間関係をみてみると、普段演じやすい役割が見えてきます。



3つの役割(迫害者・犠牲者・救助者)
私はどれを演じやすい?どの役割で悩まされている?
人間関係をスッキリさせれば、新しい自分が見えてきます。

すべて読む
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. アドバイス
    カウンセリング
    コーチング
    お届け日数 3日(予定)
    ジャンル
    • 人間関係
    • 仕事・キャリア
    • 家庭・子育て
    • メンタル全般
    • その他

有料オプション


購入にあたってのお願い

どんな内容かブログなどでお知りになりたい方は、
タオに生きる( http://paostao.blog66.fc2.com/ )
などを御覧ください。

すべて読む

トークルーム回答例

サンプルをすべて見る

サンプルをすべて閉じる

トークルームでの回答サンプル(1)

苦手なメンバーがいて、毎日顔を合わせるのが苦痛です。

人間関係において、自分はこんなに努力してるのに、でも一向に事態は変わらない。
あいかわらず、敵対する人がメンバーにいて、もう毎日顔を合わせるのも嫌で、
考えるだけで憂鬱になる。また明日も、顔を合わせないといけない・・・

こういうのは最も疲れる人間関係ですね。
これが続くとどうなってしまうか・・・
かなりお疲れになっているようで、すぐにでも何とかしたい思いが伝わってきます。
ですから、今回は直接的ですぐに変化が見えるアドバイスから始めたいと思います。
そのうえで、(迫害者・犠牲者・救助者)の3つの役割が作り出す交流分析の理論なども紹介していきましょう。

トークルームでの回答サンプル(2)

この人が怒り出すと大変なので、みんなの雰囲気も緊張して楽しいやり取りができにくくなりました。

ですから、感情的な反応にはあくまで同調せずに、冷静に相手の望みがどこにあるのかを探ってみることです。しばらくして、この人はおとなしくなりました。感情的になっても何もならないし、こちらもそれには乗ってこないこともわかり、冷静になってやるべきことを考え始めたのでしょう。
きつい関係ではありましたが、それが収まった後は普通の関係以上に、お互いを気遣う深みのある関係を持てるようになりました。
後になってみれば、あの時はよくやりあっってたね、と懐かしく思い出せるものです。

トークルームでの回答サンプル(3)

相手のことを思っていっているつもりなのに、自分だけから周りしているように感じます。

それは、そのAさん(と呼んでおきます)自身にしかどうにも出来ません。
あなたが、代わって責任を感じるようなことではないし、また感じてもいけません。
人間関係においては、「私は私、あなたはあなた」と割り切ることも必要です。
割り切るというよりも、私は私にしか責任を持てないし、あなたの責任はあなた自身にしか解決できません、という当たり前の事実を再認識することが重要です。
なぜなら、私たちはつい相手の問題なのに、自分が責任を感じたり、自分を責めてしまうからです。また、相手がそれに受けこむようなことも許してはいけません。
それは、お互いのためにならないからです。


評価・感想(2件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス