中学生時代 不登校だった僕が伝えます

親が僕にしてくれたこと。前向きになれたのはたった1つの言葉

評価
-
販売実績
0
残り
3枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    要相談
    ジャンル
    • 子育て・教育
中学生時代 不登校だった僕が伝えます 親が僕にしてくれたこと。前向きになれたのはたった1つの言葉 イメージ1
中学生時代 不登校だった僕が伝えます 親が僕にしてくれたこと。前向きになれたのはたった1つの言葉 イメージ1

サービス内容

僕は中学3年間の間、不登校児でした。 小学生から中学生になる学校生活での環境の変化。 新しい友達との人間関係に苦しみ、自分の中での様々な葛藤、 数々の嫌がらせを受け虐められたりもしました。 最終的には家族とも衝突することが頻繁になってしまい、 思春期だった自分はとうとうまわりに付いて行くことができずに、 友人や家族、学校の先生達から自然と距離を置くようになりました。 そんな時に家族が僕にしてくれたこと。 たった1つの言葉で僕は少しずつ冷静に考え、 前を向けるようになり、 高校へ進学することができました。 家族には感謝しかないです。 今では僕を生んでくれてありがとう 心から言えます。 偉そうなこと言ってるのは承知ですが、 あなたのお子様が 僕のように不登校でお悩みなら 今すぐに救ってあげてください。 話したくても話せない、 きっとそんなかんじだとおもいます。 僕も同じ境遇の方を救いたいです。 凄く苦しくて辛くてどうしようもない気持ちでいっぱいのはずです。 自分は当時、学校の先生や友達の言葉を素顔に受け止めることができませんでした。 むしろ聞きたくありありませんでした。 先生や友達に対し、 【あんたになにがわかるんだ?】 とにかく全てを拒絶していました。 その中で唯ー聞き入れることができたのは家族の言葉でした。 背中を押してあげるのは家族なんです。 心を閉ざしてしまっても家族の言葉は強大で、なにかのきっかけになること違いないでしょう。 そこで不登校だった僕がテキストチャットにて、お話しを伺い全力でサポート致します。 同じ境遇だったからこそ寄り添うことができるのではと考えています。 きっと力になれると思います。 僕にとってその言葉は希望の光でした。 その一言で救われるかもしれません。

購入にあたってのお願い

あくまで自分が親から受けたサポートの話になります。 自分はそれで前向きになり高校へ進学する決断をすることができ、普通の学校ライフをおくることができました。 自分と同じような境遇にある方を救えたらと思います。