Apex用のPCを設計します

さあ勝ちに行くためのPCを装備してアリーナに飛び込もう!

物品配送可能
評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
Apex用のPCを設計します さあ勝ちに行くためのPCを装備してアリーナに飛び込もう! イメージ1
Apex用のPCを設計します さあ勝ちに行くためのPCを装備してアリーナに飛び込もう! イメージ1
Apex用のPCを設計します さあ勝ちに行くためのPCを装備してアリーナに飛び込もう! イメージ2
  1. 提供形式
    テキスト ビデオチャット打ち合わせ可能
  2. お届け日数
    要相談

サービス内容

皆さんApex楽しんでいますか? どんなPCスペックでApexしてますか? あなたのPCが最強装備となるようにサポートいたします。 しかも、お安く。本当に必要なパーツに費用を割り当てて、 組み立て費用を抑えることで低コストに仕上げます。 ドス〇ラやソフ〇ップ、D〇LL、M〇Iなどで、 フルオーダーするよりもほぼ確実に安くなるはずです。 設計して、Amazonの注文リストにしてお渡しいたします。 組み立てして発送することも可能です。 ある程度の知識があると、必要スペックではなく、 推奨スペックでプレイしていると思います。 「スペック?はじめて聞いた!」という人は、 以下のリンクを見て確認してみて下さい。 Apex公式の推奨動作スペック https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/about/pc-system-requirements 「スペック?知っているよ!」 という人はだいたいこう言うでしょう。 「Apex公式の推奨動作スペックに近いから問題ないよ!」 「画質下げてやってるからヌルヌルだし困ってはない」 「立ち回りで勝てるから高画質とか要らない」 本当にそれでいいんでしょうか? せっかくならもっと楽しみましょう! 必要動作スペックを満たしていればプレイ自体は問題なくできます。 しかし、常時、60fpsでプレイするといった条件であれば、 上記の推奨動作スペックが必要とされます。 ですがなんと! もっと上の240fpsでプレイすることも出来るのです。 PC本体さえハイスペックであれば。 人間の視界と同じ感覚で見まわすことができるんですね。 Apexをプレイするなら、 グラフィックボードが必要だということは、皆さんご存じでしょう。 そして、「GTX」を名に冠するグラフィックボードならほぼ最強。 それも、おおよそ正しいです。 しかし、「RTX」を冠するグラフィックボードになると、 何が違うのかご存じでしょうか? なんと、水たまりや車のボディ、空き缶の表面に映る 鏡の中の敵を視認できます。 そう、索敵範囲を広げることが出来るのです。 高台から遠くの敵を一方的に打ち抜きたいと思いますか? それなら4K対応グラフィックボードでプレイしましょう! さあアリーナに飛び込む準備を整えましょう。

購入にあたってのお願い

性能重視・価格重視・ブランド重視など、ご希望をお持ちと思います。 あらかじめDMなどで、お伝え頂けますとスムーズです。

有料オプション