誰に何をどう相談したら良いかが見つかります

課題を専門家に相談する時のポイントを押さえた質問が作れます。

電話相談
評価
5.0 (1)
販売実績
1
残り
5枠 / お願い中:0
誰に何をどう相談したら良いかが見つかります 課題を専門家に相談する時のポイントを押さえた質問が作れます。 イメージ1
誰に何をどう相談したら良いかが見つかります 課題を専門家に相談する時のポイントを押さえた質問が作れます。 イメージ1
提供形式
電話

サービス内容

貴方の悩みを解決てくれる専門家は必ずいます。今は見えていないだけかもしれません。 ただその専門家にどういう風に相談するかは決まっていますか? せっかくの専門家もポイントをずらした相談をすると、あなたの本当に必要な答えは返ってくるはずはありません。 タクシーを専門家に例えて考えてみましょう。 例えて言うとタクシーを呼んだのに行き先を間違えて頼んでしまってタクシーはきちんとその間違えた力先に連れてってくれたという状態です。 この場合タクシーは、きちんと仕事をしたのに到着地点があなたの望むものとは違ってきているはずです。 もしかしたらタクシーの種類を間違えてる可能性もあります。 多くの方は、専門家に実際に相談する時に、考えながら相談するような状態の方が多いようです、そして専門家もその中から実際の悩み課題を見つけ出すことを仕事の一部としておられるようです。 では最初から専門家に会う前にどういう課題があってどういう風な答えが欲しいのかというのをポイントを押さえて質問することができたら、どうなるのでしょうか? きっと開始直後に解決策を提示してもらうことでしょう。 そうするとその解決策のその先の相談ができるようになります。 例えば30分かけてようやくあなたの悩みの相談ができたとします。それに対する最初の一歩の答えを見つけたとしても、その後、行動してから躓いたことに対する答えをまた相談しないといけません。きっと専門家は、その躓きは想定内で対処法も、初回相談無いで伝えられた可能性が高いです。 では専門家を有効活用する為に、何が必要でしょうか? そうです。前もって、専門家に相談する質問を考えて用意しておく事です。 そうしないと無駄な時間が使われてしまい。専門家を本当の意味で活用出来てなくて、それが問題解決を長引かせるひとつの原因でしょう。 私は、話を整理して、まとめる事に長けていると相手の方に言われてきました。 頭の中のごちゃごちゃしているのを、整理するのにも方法があります。 そして、それは、一人でも出来るかもしれませんが、誰かに相談しながら、まとめる方が、格段に脱線が減り、前進する事は、実証されています。 貴方も、一度、お試しください。

購入にあたってのお願い

お話しするお時間は、短くても全く問題ありません。 お話し中に、もし「もう大丈夫」や「なんか違うかな」と思われるときには、そのまま通話を切ってくださって大丈夫です! 気遣いは一切無しで平気です♪ 気持ちを楽にして、お話ししましょう ★相談の流れ @挨拶 @最初に、今日話したい事を短い文章くらいで、教えてください。 @話の終着点を決める質問をします。 @今の課題を、ざっくばらんに、お話してください @より具体化するための、質問をしますので、ゆっくり考えて答えてください。 @ポイントを絞るための、質問をします。ゆっくり考えて答えてください。 @途中経過を確認します。 @他の相談相手の可能性を探ります。 @本当に必要なポイントの確認。 @5W1Hに当てはめて、答えて頂きます。 @今後の実行計画を決めましょう。 @振り返りと感想 #最初に話して頂く、一文だけは考えておいて頂きますと、スムーズに進みます。 % 待機中のみの受付にしてありますが、その他の時間の希望があれば、ダイレクトメッセージでお伝えください。出来るだけ希望に合わせます。