商標権警告の前に事実確認をします

商標権の内容と相手の使用行為とを確認し、いけそうか検討します

評価
-
販売実績
0
残り
2枠 / お願い中:0
商標権警告の前に事実確認をします 商標権の内容と相手の使用行為とを確認し、いけそうか検討します イメージ1
商標権警告の前に事実確認をします 商標権の内容と相手の使用行為とを確認し、いけそうか検討します イメージ1
  1. 提供形式
    テキスト ビデオチャット打ち合わせ可能
  2. お届け日数
    要相談

サービス内容

不用意に警告すると相手に迷惑がかかるだけでなく、こちらも営業誹謗行為として問題が起きる場合があります。 警告する内容、相手の確認、警告内容の検討が十分必要です。 大事な商標権を守りましょう。 *ココナラ料金

購入にあたってのお願い

以下の資料をお送りください。 (1)商標権の登録番号及び登録証 (2)相手の使用事実(URL、広告宣伝など) 可能であれば、 (3)相手の住所、名称、代表者などの情報 *弁理士には守秘義務がありますので、ご安心ください。

有料オプション