不動産投資の利回り計算ツールをエクセルで提供します

購入前にお役立ち、初心者でもデータ管理で購入判断が出来ます!

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    3日(予定)
不動産投資の利回り計算ツールをエクセルで提供します 購入前にお役立ち、初心者でもデータ管理で購入判断が出来ます! イメージ1
不動産投資の利回り計算ツールをエクセルで提供します 購入前にお役立ち、初心者でもデータ管理で購入判断が出来ます! イメージ1
不動産投資の利回り計算ツールをエクセルで提供します 購入前にお役立ち、初心者でもデータ管理で購入判断が出来ます! イメージ2

サービス内容

不動産投資を始める時、物件情報の一つとして目にする「利回り」は、物件選定の際にどう利用したらいいでしょうか? 「不動産投資を始めたいけど、どうしていいのか・・」 「業者に進められても本当に儲かるのかわからない・・・」 「物件を買った後、どのくらい手残りが残るの?」 そんな疑問悩みを持っていませんか? 今回は、購入前のシミュレーションにも役立つデータ管理や、実際に利回り計算するためのExcelのご提供です。 このツールを使えば、初心者でも実際に 購入する物件の税引前の手残りの金額(キャッシュフロー)を簡単に計算できます。 不動産投資は、予測が立てやすい投資です。それは想定されるリスクがあらかじめ把握しやすい傾向だからです。そのため、安定した不動産投資を行うには、リスクを加味してどのくらいのランニングコストが発生するか、そして返済計画に問題はないかを可視化・把握・管理することが重要です。 【不動産投資で守るべき最低ライン利回り】 表面利回りは最低14〜15%は欲しい この利回りで長期の融資を組むことができれば、実質利回りでも黒字化が初心者でも可能でしょう。 また 月々の家賃収入では利益がしれてますが、最終的な「家賃収入+売却益の合算」で考えると、トータルで結構な収支が期待できます。 (この出口での収支は、このExcelで計算できません。希望者にオプションで別のExcelを提供します。) 不動産投資においてリスクになりうる変動要素として、例えば、家賃・管理費・修繕積立金等は、市場環境や建物の管理状況に応じて、変動します。数値の変動に伴い、利回り自体も変わるので、定量的な分析にExcelは不可欠となります。 なお、ツールの使い方も重要ですが 購入前に確認すべき資料を過不足なく揃えるのは難しいです。今回はその資料のサンプルも無料でお付けし、あなた様が不動産投資家としてスタートするのを 強力にサポートします。 サラリーマンをやりながら 2008年から不動産投資を開始。独自のツールと物件検索方法で、市場より安い 買った瞬間に儲かる物件を買い進めてきました。(表面利回りは100%超の物件も) このツールをここ数年 改良しながら使い続け熟成させました。

購入にあたってのお願い

ツールはExcelになるので、Excelが開ける方のみでお願い致します。 尚 万が一ツールにバグがあったとしても、不動産投資の性質上、私は責任を取ることはできません。自己責任でご使用をお願いします。 【追伸】数多くの物件から良い物件を見つけるためには、感覚ではなくしっかりとしたシミュレーションが不可欠です。今回提供するExcelを用いて、しっかりと物件の精査を行い少しでも成功の確率を上げていくことが大切です。 しかし、どれだけシミュレーションをしても、実際の投資はそう簡単ではなく、 利回りはあくまでも目安にすぎません。現時点では利回りが高い物件でも、空室や家賃下落が発生すれば一転、利回りは低下してしまいます 。 少しでもその確率を下げるためにも、周辺の賃貸マーケットの動向を把握した上で、リスク回避することが必要です。 空室リスクの低い物件や、家賃の下がる可能性が低い、賃貸需要の高いエリアへの投資、又は、新築プレミアムから一定の範囲で家賃が下がった中古物件の購入などを検討しましょう。いずれにせよ 「利回りが高い、即買い!」と飛びつくのは、ビギナーがやりがちな行動なので注意しましょう。

有料オプション