サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

純ジャパなあなたや私のための逆英語脳をお教えます

日本人が英語に自然に向き合うための方法について考えます

販売実績:0 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 要相談 
    ジャンル
    • 日本語→外国語
    • 外国語→日本語
    用途
    • 企画書・資料
    • 出版・メディア・記事
    • プライベート
    • 商品・サービス
    • ビジネスメール・プレゼン

サービス内容

今までに、英語について、以下のようなことを聞いたことはおありではないでしょうか。
ー 英語は日本語と全く異なる言語である。
ー 英語は重要な内容な程、文頭(もしくは前に)持ってくる。
ー 英語はあいまいでなく、はっきり言い切る(のでより論理的である)。
                     ・・・etc..
これらはもっともらしく聞こえますが、既に英語が堪能な人達が、日本人には英語が難しい、と主張しているだけで、どうするかを教えてくれるものではないと思います。

また、グローバル化を身近に感じるようになった今の日本で、”正しい英語”というものが実は存在しない、ということを実感している方も増えているのではないでしょうか。

英語はネイティブを手本とし、ネイティブに学ぶべき、というのは30年前は正解だったかも知れませんが、多様な英語を話す外国人の増加や日本人が国際化を今ほど求められていることはないという中で、より多くの人が現実的に使える無理がない方法が求められているのではないでしょうか。

そのための最初の一歩はどうあるべきかをお伝えします。より詳細には以下の内容になります。

1. 思考を妨げないような話す順番について考えましょう。

 言葉が出てくる順番が、実は思考の順番でもあります。英語・日本語の語順の違いを強調し過ぎたために、もっと根本的なことが見過ごされてしまっています。

2. 繰り返して話す前提で内容について考えましょう。

 結局何が言いたいのかわからない、というのは英語に限らず何語であっても起こり得ますが、込み入った内容程、考えながら、言い直しながら、話すものです。思いついたイメージを段々正確に表そうとするのが話すプロセスとも言えます。

3. あいまいに言葉を繋いでいくための論理的表現について考えましょう。

 実はイメージすら浮かばないような時にこそ論理を頼りにすべきものです。論理の基本は繰り返し(言い換え)ですので、上記1.,2.を実現させる為には、曖昧な論理的表現が不可欠です。

以上により、日本人が無理無く英語が出てくる為に実は必要な”逆英語脳”の確立を目指します。カンの良い方は上記だけでどうすれば良いのか分かってしまうのではないかと思います。本教材は、もう少し具体的なノウハウをご提供いたします。

※音声ファイルで提供いたします。

すべて読む

購入にあたってのお願い

残念ながらどのような分野でも一晩でマスターできるようなものはありません。しかしながら、どのような考え方で取り組むかによって、結果は大きく変わってくるものです。英語教育には長い年月の間に色々な指導法や学習法が産まれておりますが、その中には合う・合わない、という相性もありますが、理屈に合わない、というものもあります。どうか皆様もご自身の英語に対する見方・考え方をを改めて見直してみる、ということを試みていただければと思います。

すべて読む

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス