小学中学高校各々の時点での最重要学びの課題教えます

学びのゴールは大学入学や会社就職では無く自分らしさ発見と実現

評価
-
販売実績
0
残り
20枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    10日(予定)
    ジャンル
    • 就職
    • 転職
    • 受験・進学
    • キャリア
    • 留学
    用途
    • アドバイス・コンサル
    • 面接
    • 試験
    • 勉強方法
    • その他
小学中学高校各々の時点での最重要学びの課題教えます 学びのゴールは大学入学や会社就職では無く自分らしさ発見と実現 イメージ1
小学中学高校各々の時点での最重要学びの課題教えます 学びのゴールは大学入学や会社就職では無く自分らしさ発見と実現 イメージ1
小学中学高校各々の時点での最重要学びの課題教えます 学びのゴールは大学入学や会社就職では無く自分らしさ発見と実現 イメージ2
小学中学高校各々の時点での最重要学びの課題教えます 学びのゴールは大学入学や会社就職では無く自分らしさ発見と実現 イメージ3
小学中学高校各々の時点での最重要学びの課題教えます 学びのゴールは大学入学や会社就職では無く自分らしさ発見と実現 イメージ4
小学中学高校各々の時点での最重要学びの課題教えます 学びのゴールは大学入学や会社就職では無く自分らしさ発見と実現 イメージ5

サービス内容

極論を申し上げます。学校の成績は社会では何の役にも立ちません。国語も数学も社会や理科もITが東大生以上にその能力を発揮し活動してくれます。ただどのITも同じ成果です。人間とAIが将棋をしてAIが勝利する時代にまでIT分野は発展しました。しかしAI同士で将棋をさせたらどうなるのか?恐らく行きつくところいつまでも引き分けでしょう…。 ITに個性はありません。これまでの積み重ねによる合理的判断のみです。過去に例の無い未来を予測したり正義を主張したり感動(涙)的ストーリーを発想したりすることは劣ります。ITどんなに進化しても人間にしか出来ない人生であり社会です。そしてそれは宇宙ほどの数の個性です。○○高校や○○大学でないと就職に困るという時代は終わりを告げ求められるのは唯一無二のキャラクターです。 そんな時代になったにも拘らず、学びの教育課程や学校システムは福沢諭吉以来変わっていません。小学校では何を教えるべきか?中学校ではどうか?高校、大学では何が重要か?時代変化に対応する人間形成が求められます。しかし教育行政は前述の通り社会を知らない出来の悪い東大卒ばかり。塾や民間学校は金儲けの為の忖度事業。既に戦後70年以上経ち時代は千変万化しているにも拘らず私達が感銘共感する様な改革は一向に進んでいません。それならば、自らが、あるいは保護者の方々がその事に気付き家庭内だけでも教育改革を進めるべきです。 私は、人生ほぼ全てを経験して来ました。成功もありましたが失敗もありました。出会いを通じて多くの人々から教訓を得ました。何気なく社会人となってしまい今想い出すと山をも動かせるチャンスもあったように感じます。あっという間の人生です。 私は是非タイムマシンであの頃に戻ってやり直してみたい!そんな不可能な思いを抱きつつ、せめて残りの人生を個性を武器にチャレンジしようと生きています。私自身は過去へ戻れませんが、この経験と思いを子供達に伝授し正しいベクトルへ誘うアドバイスをする事で過去に戻る事が出来る!と考えました。人生のエピローグを「学びの改革」に情熱を注ぎたいと思っています。 ①小学生時代②中学生時代③高校生時代④大学生時代⑤社会人時代、この5段階それぞれを対象にアドバイスさせて頂きます。

購入にあたってのお願い

小学生段階、中学生段階、高校生段階、大学生段階、社会人一年目…の5段会に渡ります。日本の将来の“個性の花”を満開に !