精神病患者を身近に抱える方へのアドバイスを行います

精神病を患った人にはどう接したらいいの?にお答えいたします。

評価
-
販売実績
0
残り
10枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. 基本料金に含まれる内容
    お届け日数
    要相談
    ジャンル
精神病患者を身近に抱える方へのアドバイスを行います 精神病を患った人にはどう接したらいいの?にお答えいたします。 イメージ1
精神病患者を身近に抱える方へのアドバイスを行います 精神病を患った人にはどう接したらいいの?にお答えいたします。 イメージ1

サービス内容

私は現在34歳の男性です。高校卒業間近にシングルマザーとしてわたしと弟を育ててくれた母が祖父の遺産相続問題で親族とトラブルになりうつ病を発症しました。私と弟はどうしたら良いか分からず母親の通院する病院に同行し、医師からアドバイスを受け続けました。 会社員として社会の荒波に揉まれるようになってから時期はズレていますが私も弟もパニック障害を患い、のちに抑うつ病を発症し、現在に至っています。 休職や離職を繰り返しながらなんとか社会人生活を続けていますが、世間はそう甘くはありません。 30歳の時初めて花粉症を患ってこんなにも苦しいものなのかと実感した記憶は鮮明です。春が1番好きな季節だったのに1番嫌いな季節に変わってしまいました。同僚にはたくさんいましたが自らがなるまで全く理解できませんでした。 パニック障害や抑うつ病、躁鬱病は精神病の中でも代表的なものでありますがご存知の通り、今や珍しい病気ではありません。患者自身がどのようにしたら良いかは診療を含め情報は数多く出ていますが、それを身近に見ている方々(御家族、友人知人・同僚など)はどう接したら良いか場面場面で分からないことがたくさんあると思います。 でも、それは私がパニック障害、抑うつ病、花粉症を患うまで全く無関係でどういう気持ちで日々過ごしているのか傍から接している分には分からなかったことと同じです。 私も結婚をし、妻の家族と現在は暮らしていますが場面場面で今はこうしてくれるとありがたいんだけどなぁ…と感じることはあります。 そういったことをお伝えし、少しでも安心していただけるアドバイスを差し上げたいと考えております。 ※繰り返しになりますが、こちらは病気を患っている方に向けたものではなくその御家族や友人知人、同僚など身近な方へのアドバイスとなりますのでお間違いの無いようにご注意ください。 ※こちらはお電話でのご相談は差し支える部分のある方への文面での回答となります。 稚筆ながらここまでお読みいただきありがとうございました。

購入にあたってのお願い

※繰り返しになりますが、こちらは病気を患っている方に向けたものではなくその御家族や友人知人、同僚など身近な方へのアドバイスとなりますのでお間違いの無いようにご注意ください。