サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽

取得するだけで、会社から講師依頼が来る資格教えます

本業以外に、会社から頼られるスキルを持ちたいあたなへ。

4.54 販売実績:6 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. お届け日数 1日(予定) / 約8日(実績)

サービス内容

例えば会社員で、給料明細の中に「厚生年金基金」という欄があり、毎月何千円か取られているあなた。この厚生年金基金は国から解散指示が出て向こう3〜4年のうちに別のものに移管されます。もちろん私の会社の基金もそうです。
そして移管先として最も選ばれる企業年金には、従業員に対しての説明やその後の継続教育が義務化されています。私はFPの資格を取り更にある資格を取る予定だ、と総務の管理職(私は全然別部署です)に話したところ、「じゃあいずれ起きる(上記の)説明会の講師をしてくれ汗」と言われました。取る予定だ、と言っただけですよ汗
そういうことですから、当然就職や転職にも有利になるのは言うまでもないのかもしれませんね。
それなりに勉強すれば誰でも取れる(1〜3級まであり)この資格を取るだけで、従業員を向こうに回して講師になってくれと言われてしまうこの資格名を教えます!

日本の何万社という中小企業などがこの先、これらの説明会、継続教育に追われる事になります。ということは?そう。この資格を持つ事で自分の会社だけではなく他所からも依頼が来る場面もあるかもしれません。さらに毎年継続教育の必要がありますからサイドビジネスどころではなくなってしまうかも嬉

すべて読む

購入にあたってのお願い

FP(ファイナンシャルプランナー)3級程度の知識は必要だと思いますが、それも全く知識がない方もいらっしゃると思いますので、お教えします資格をダイレクトで勉強する前に読んでおきたい、すごくわかりやすい書籍を同時に教えます!(有料)
私はこれを読む前と後で問題集の正答が格段に増えましたから!ちなみに参考書ではなく、自分達の退職金の将来に関わる事を興味深く理解できる本ですよ。
私は近いうちに同士を募って、勉強会を開いて行くつもりです。
こちらのサービス購入後もしっかり繋がって行きましょう。
ちなみにこの資格は受験料が何千円程度なのに、普及していません。これはニッチですよ!

すべて読む

有料オプション


よくある質問

いざ説明会などをする事になった場合、自分なんかに出来るものなんですか?
説明会を進行するには国が用意した資料を使い、それに沿って説明していく決まりがあるとのことです。
そこがポイントなんですが、今流行りのいわゆる講師業やコーチングをしようとする場合、資料を作成したりカリキュラムを組むなど莫大な労力と時間がかかります。
しかしこれは前述しました通り資料は国が用意し、極端な話し『それを読んで』いれば良い訳です。
では何故、会社の担当部署の人間が資格者に頼もうとするのかというと、質疑応答に自信がないからと言っておりました。
しかし、われわれはこの資格を取る過程で得る知識ともう一つ教えます書籍を読めば、充分素人の従業員の質問には答えられるレベルになろうかと思います。
逆にあれも教えたいこれも教えたい、となると思いますよ。
厚生年金基金とはなんですか?
簡単に言うと、私達の退職金を積み立てて運用するところです。
健保組合などと同じように、同業種の企業が集まって基金を設立し相互で互助して行きましょう、というもので保険機関の退職金版といったところです。
退職金というと、会社が日頃積み立てていてくれて退職時にどーんと貰えるものとお思いでしょうが(これを退職一時金といい、企業が退職引当金として留保する仕組みです)、それができるのは大企業のような資金の余裕があるところなら可能ですが、大方の中小企業はこの基金に加入しています。
なぜ国が解散しろと言ってくるんでしょうか?
国家財政がバックに付いている社会保険の年金事業なら崩壊はしませんが、同じく長引く不況やAIJ事件をきっかけに厚生年金基金の運用見込み不足が露呈しました。
このままでは崩壊するので不足分は加入企業が補填しなければなりません、が中小企業に一社あたり何億円という金額を払って行くことは不可能です。
そこで国が特例措置として、期限内に解散すれば補填等の免除をする代わりに、国が勧めたい、とある企業年金(企業年金とは要するに退職金の運用手段の総称)に移管していくよう誘導しているのです。
そしてその国が勧めたい、とある企業年金の知見を有する者、とされるのが本サービスでお教えします資格名となるのです。
厚生年金基金でしたっけ?自分のところの基金が解散するとか、聞いたことないんですが。
そうなんです。私も別の用でこの基金の話を総務にしたんです。そしたら「近々解散するよ」との第一声でした。
もちろん私は時事ニュースレベルで知っていましたが、恐らくウチの会社の従業員、というより世の中の該当社員さんのほとんどは知らされていないですよね。
でもいずれ、会議室に従業員が集められて、この説明がされる日が来るのです。
その時になんだかよくわからない話として聴くのか、その話の専門家として聴くあるいは参加するのとでは大きな違いです。
端的に言えば、今まで会社の責任において運用していた退職金が、今度は従業員個人の責任において運用しなさい的な説明となるので、しばらくは社内が混乱するでしょう。
その中でもあなたは冷静にメリットデメリットを理解していて、質問やその後の準備にもとりかかれるのです。
退職金の運用を個人に任せる、とは会社は責任を放棄するんですか?
当然の感想ですよね。
説明会でもここが一番揉める可能性のあるところです。しかしこう考えてみて下さい。
この時代もし勤めている会社が倒産してしまったらどうしますか?もしそうなったら退職金は貰えないかかなりの減額での支給ということになり得ます。老後の生活の唯一?のアテにしている退職金を任せる程あなたや旦那さまの会社は安定していますか?
この新しく移行する企業年金は、自分の運用ですから作ります専用口座に入金された時点で自分のものです。会社は手を出せません。そして万が一倒産や転職となっても自分の口座なのですから新たな就職先でそれが行われていれば移行できるのです。会社が倒産すると、とかいう説明は会社はなかなか出来ませんよね。そこで従業員側の資格者となったあなたがその部分を説明する。従業員もまあ納得し会社側も乗り切れる。あなたのおかげで。その日から周りのあなたへ評価が確実に上がります!
民間の金融機関の個人年金に加入している私は備えバッチリですね!(1)
そうですね。資金を振り分けられる余裕があれば退職金に依存しすぎる不安を回避できます。
しかし一般のこのような金融商品は、販売手数料や課税、上乗せ分の利息にも課税されます。
でもこの新たな企業年金にはそれらがほとんど掛かりません。国が作った、普及させたいものだからです。
民間の金融機関の個人年金に加入している私は備えバッチリですね!(2)
更に凄い点が、会社からお金として支給される前の段階で自分の口座に振り込まれますから、そこも非課税ということになるのです。どういう事かと言いますと、私達が今手にしている千円札。会社員ならこれは既に所得税など20%前後が引かれた後の千円です。本当なら労働の対価として千円プラス20%の1200円だったものなのですね(収入が1000円ではない限り一概には言えませんが)。ここが引かれないで専用口座に振り込まれるので200円は手取りに乗っかる訳です。口座から自動的に引かれて積み立てられる民間の個人年金も税金が引かれた後のお金ですから、この新たな企業年金のメリットは大きいと言えます。それだけで年利20%を保証されているのと同じなんですから。
もっと見る

評価・感想(4件) 4.5

サービス内容/提案のわかりやすさ
 
コミュニケーション
 
読み込んでいます...

関連サービス