初動が命!謝罪会見のプロが謝り方をアドバイスします

謝罪会見コンサル10年の「謝罪スキル」をあなたに

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. 基本料金に含まれる内容
    お届け日数
    2日(予定)
    ジャンル
初動が命!謝罪会見のプロが謝り方をアドバイスします 謝罪会見コンサル10年の「謝罪スキル」をあなたに イメージ1
初動が命!謝罪会見のプロが謝り方をアドバイスします 謝罪会見コンサル10年の「謝罪スキル」をあなたに イメージ1
初動が命!謝罪会見のプロが謝り方をアドバイスします 謝罪会見コンサル10年の「謝罪スキル」をあなたに イメージ2
初動が命!謝罪会見のプロが謝り方をアドバイスします 謝罪会見コンサル10年の「謝罪スキル」をあなたに イメージ3

サービス内容

「自分は悪くないが、グループの代表として、相手方に謝罪することになってしまった」 「パートナーと喧嘩してしまい、お互い意固地に。謝罪して仲直りした。でもどう伝えてよいか、わからない。」 「SNSで相手に嫌な思いをさせてしまった。直接会って謝るのかSNS上で済ますのか」  ビジネス、プライベート関わらず、「謝罪」するシーンは頻繁にあります。そして、あの人が誤ると丸く収まるのに、自分がやると火に油を注いでしまう。そんなご体験があるのではないでしょうか。  昨今、アメフトタックル事件、男性アイドルによる女性暴行事件、芸能人事務所の闇営業事件のように世間を騒がせ、謝罪会見を開くも逆効果になっているケースが目立ちます。経営者、芸能人という普段メディアからの取材に慣れている方でも、謝罪後に印象が悪くなっています。それは、通常のメッセージの伝え方とは異なるスキルが謝罪には必要であり、それを知らずに「いつもどおり」にコミュニケーションしてしまったことによる失敗なのです。というのも、謝罪には「原則」があるにも関わらず、それを意識して準備をしなかった。それにつきます。  私は広報/PR業界で、企業の謝罪会見をコンサルティングして来ました。時には人命に関わる/会社の存続が危ぶまれる情報を公開する、といった痺れる状況があります。記者会見場には100人を越えるマスコミが待ち構えている。まさしく一言一句を聞き漏らさず、疑問があれば質問して世の中に信義を問う。それが分かった上で、謝罪会見場のドアを開けて席につく。その時、どんな一言で語りかけるのか。そのような環境にいるクライアントを支援をしてきました。  このときわかったことは、謝罪にはスキルがあるということです。それは仕事で大勢の前で誤ることにも、プライベートで1対1で誤るにも通じるスキルです。謝罪の最初の一歩を誤ると事態は悪化します。ぜひ、「謝罪の初動」を間違えず、正しく謝罪することで、あなたの望む結果を手に入れてください。その支援をさせてください。 【相談するメリット】 ・現状の悩みを吐き出せてすっきりして、前向きな気持ちになれる! ・電話が終わったあとに、まず何をすべきか、「小さな一歩」がわかる! ・謝罪時に使える「謝罪スキル」を得られる  謝罪で悩むあなたを謝罪会見のプロがサポートさせて頂きます。

購入にあたってのお願い

【ご相談必須事項】 ①相手との関係(仕事、プライベートなど) ②現状(謝罪する必要と感じている理由、経緯など) ③あなたがしてきたこと、していること(毎日電話で謝罪していたが、今は数日に1回に減らしているなど) 上記を、お教えください。