きぃ⭐️幸せを呼び込むふわっと女神⭐️
最終ログイン:2時間前
稼働状況:対応可能です
幸せ占い&身近な相談屋さん
個人 女性
実績
  • 販売実績 426
  • 評価 5.0
  • フォロワー 499
認証状況
  • 本人確認
  • 機密保持契約(NDA)
スケジュール

毎日待機、継続中です^^2022年6月スタート...

得意分野

  • 占い

    得意分野詳細

    〜bonobonoカードリーディング〜

    500円〜

    bonobonoエネルギーカードリーディングしています。bonobono(ボノボノ)さんという、主にInstagramやYouTubeで活躍されているアーティスト兼現代ヒーラーの方が描いた、癒しのエネルギーカードを使用して、お仕事、恋愛、健康何でもリーディング致します。 他には無い、とても可愛くて癒し効果の高いエネルギーカードでお悩みや迷いを払拭しませんか? カードからの優しい言葉に癒されます

    〜恋愛のお悩み〜カードからのメッセージ♡

    500円〜

    bonobonoエネルギーカードを使って、あなたの気になる恋愛について、をリーディング致します。 この恋愛、このままでいいの? もっと他にベストな人はいる? 自分に自信が無くて恋愛出来ない いつも同じ失敗を繰り返してしまう 愛される恋愛をしてみたいetc... 恋愛の悩みは尽きないですよね。 カードリーディングやスピリチュアルな観点からお仕事に対してのお悩みを解決に導きます。

    〜仕事のお悩み〜カードからのメッセージ♡

    500円〜

    bonobonoエネルギーカードを使って、あなたの気になるお仕事について、をリーディング致します。 今の仕事って自分に合っている? 転職したいけど、起業したいけど… 仕事が苦痛でしょうがない 仕事で失敗ばかりして嫌になる  職場の人間関係がキツ過ぎるetc... 仕事の悩みは尽きないですよね。 カードリーディングやスピリチュアルな観点からお仕事に対してのお悩みを解決に導きます。

    ファッションアドバイス

    500円〜

    アパレル歴5年、約3000名以上の方にコーディネートをして、沢山喜んで頂いた経験を活かして、ご予算、お好みに応じてファッションコーディネート致します♡ 用途に合わせて、デート用、オフィスカジュアル用、普段着用何でも承ります。 主にZOZOTOWN内でのご提案をしておりますが、特定のブランドやプチプラまで幅広く対応させて頂いております。 イメチェンしてみたい、冒険してみたい、何でもOKです♡

  • 悩み相談・恋愛相談・話し相手

    得意分野詳細

    〜性のお悩み〜本当はとても大切なこと

    500円〜

    性のお悩みを身近な人に打ち明けられますか? とてもデリケートで、普段は隠されている個人的な事だから、とても言いづらかったりしますよね。 身近な人に話せない時には、顔も知らない相手の方が話し易くはありませんか? 私は性に対してもそれ以外でも、1人ひとりを尊重したいと思っています。 どんな性もあなたらしさ、大切にして欲しいです。 悩んだままにしないで、一度話してみませんか?

    〜恋愛のお悩み〜どうしたら上手くいく?

    500円〜

    恋愛の悩みって尽きないですよね。 密な関係になるからこそ、自分の感情がリアルに反映される。 嫉妬、不安、怒り、悲しみ、言葉に出来ないモヤモヤ… それを感じれる事が醍醐味だったりするんですけどね。 でもその感情に、ハマり過ぎていると恋愛に振り回されてしまいます。 振り回されず、楽しむ恋愛しませんか? あなたの『今』をお聴きして、今の恋愛を楽しむ、または新たな恋愛を楽しむ方法見つけます♡

    〜うつのお悩み〜実体験から伝えられること

    500円〜

    心が弱いだけ、甘えている、うつが身近で無い人は、そんな事を簡単に言ったりもします。 私が実体験を通して思うことは、誰にでも起こりうる事だという事。 自分がおかしいかもと感じた時、そんな事ないと自分をごまかし、おかしいと思われたく無くて病院にも行かず悪化。 そうならない為にも、少しでも早めに吐き出してほしい。 解決策はいくらでもある!! ご自身を責めないで! 出来る事から始めましょう。

    〜人間関係〜家族、友達、恋人、同僚、上司

    500円〜

    どんなに近しい人も、似た考え方をする人でも、全く同じ価値観というものは無いから どうしてそんなことするの?とか どうして分かってくれないの? と思う事ってありますよね? 分かってはいるけど、そこで苦しんでしまう。 まずは、感じている自分の感情を吐き出す。出し切る事で気持ちが切り替わったり、新たな考えが浮かんだりするものです。 前向きに捉える事が出来る様、お手伝い致します。

    〜家庭内の問題〜結婚、離婚、再婚のお悩み

    500円〜

    私は両親の離婚と再婚を経験、自身もバツイチですが、両親、前夫共に仲良くしています。 もちろん、それぞれのご家庭での事情や在り方がありますので、ベストな形は違うと思います。 どんな形をとったとしても、それぞれが幸せでありそれを尊重出来ると、気持ちよく過ごせるのでは無いかと思います。 もし今、苦しみや憎しみを感じ苦しんでいるのであれば、それを手放し、ベストな方向を見つけるお手伝いを致します。

    〜介護のお悩み〜避けては通れない道

    500円〜

    ご家族の事、ご自身の事、仕事としての介護。 介護って大変といっても、一括りには出来ない大変さがあります。 食事、排泄、入浴、この基本さえも大変なのに、そこに家族間の問題、施設への入所、お金の問題、ご本人が認知症の場合等…問題だらけ。 何からどうしたら良いか分からない。 心身共に疲れ切ります。 介護の現場で感じたリアルな実情、利用者様とご家族の想いを通して、あなたが楽になれる方法探します。

スキル/ツール

  • bonobonoエネルギーカードの出会い

    経験:2年
    専門家

    bonobonoエネルギーカードの作者、アーティスト兼現代ヒーラーのbonobonoさんとの出会いが人生をパワフルに。bonobonoさんのアートの素晴らしさ、カードの癒し、パワー受け取って下さい。

  • レイキファースト〜サードディグリー伝授

    経験:1年
    実務経験

    臼井式レイキヒーリングのファースト〜サードディグリーまでの伝授を受けました。 毎朝自らにヒーリングをする事を日課としています。 遠隔や対面でもヒーリング可能です。 自身の浄化にもおススメです^^

  • 自分のこころと向き合うこと

    経験:7年
    専門家

    『自分の心ときちんと向き合う』と言う事を続けて います。 一生続けていく事だと思っています。 とても大切なこと。 皆さんにお伝え出来る事も沢山あると思います(´ー`)

  • 自己肯定感を上げること

    経験:7年
    専門家

    自己否定がとても強かった時期があり ずっと考え続けていました。 沢山の情報、本、考えから行き着いたのは 『自己肯定する大切さ』 『自分らしくある大切さ』 実感もしています。

  • 簡単に続けられる3分33秒瞑想

    経験:2年
    専門家

    毎朝の3分瞑想を習慣にしています。 瞑想も色々なやり方があり、きちんとやろうと すると結構大変です。 でも続ける事、それによって得られる 精神の安定が大切。 得たものは大きいです^^

  • ブログ(アメーバブログ)自己啓発、スピ部門

    経験:1年
    実務経験

    ブログを始めてもうすぐ1年です。 毎日更新しています。 誰かを元気に、応援する為にブログをしたのですが 自分が救われてる事が何度もあります。 他の方のブログにも沢山の気づきがあります。

  • 朝5時半に起きて有意義で気分が上がる朝活を行う事

    経験:2年
    専門家

    朝5時半に起きる事を、楽しく続けています。 起きなきゃじゃなく『起きたい!』そう思いながら、いつも決まった時間に起きています。 どこかへ出掛けても寝るのが遅くても、変わらない『生活のベース』です

  • 心を落ち着かせ沢山の学びを得ることが出来る写経

    経験:7年
    専門家

    筆で書く正式なやり方と便箋にボールペンで書く簡易的な書き方で毎日続けています。 初めて書くと1時間近くかかりますが、毎日半年位続けると正式に書くと40分位、簡易的に書くと20分位で書ける様になります

  • みんなの幸せを願う事

    経験:30年
    専門家

    昔から、みんな幸せならいいのに。 と漠然と思っていました。 みんな幸せなら、争いも起きないし、お互いが想いやりの心を持っていれば、幸せな世界は創れる。 目の前の人を幸せに、を意識しています♡

  • 今日を笑顔で過ごす事

    経験:5年
    専門家

    生きていれば、嫌な事も起きるし、凹む事も普通にあります。 でも、いつでも笑顔でいる事を、忘れない様に心掛けています。 笑顔は自分も元気になれるし、相手も幸せに出来る最強アイテムだと思っています。

  • ありがとうを1日1000回唱える事

    経験:2年
    専門家

    あるYouTubeで『1日にありがとう1000回を言う』を3ヶ月続けた事で、奇跡を起こしたという情報を知り実践しています。 斎藤一人さんのお言葉だそうで、人生における大切な事を沢山学んでいます。

  • どんな物事もプラスに転換する事

    経験:2年
    専門家

    プラス思考もマイナス思考も両方経験をし、間違いなくプラス思考の方が、人生上手くいくと自信を持って言えます。 だからどんなにマイナスに思える事でも、プラスに考えるのが得意だし、自然としてしまいます。

  • スピリチュアルな観点で物事を捉える事

    経験:30年
    専門家

    スピリチュアルというと毛嫌いしたり、怪しいものと考える人もいますが、私は精神性の事だと思っています。 物事を、出来事だけで捉えるのでは無く、全て意味のある事、どの様な意味が?と捉え、学びを得ます。

  • みえないものに対する信頼、感謝

    経験:30年
    専門家

    昔から、漠然とみえないものを信じていました。 金縛りや、声を聞いたり、不思議な体験も含め、ある事は確信しています。 みえない存在といっても怖いものでは無く普通にあるもの。ただ目にみえないだけ。

  • 引き寄せの法則、鏡の法則を実践する事

    経験:2年
    専門家

    本格的に意識したのはここ1〜2年ですが、遡って考えてみると、沢山の引き寄せをしていたし、常に鏡の法則が人間関係に現れていたとも思います。 引き寄せは、忘れた頃にそういえば叶っていた事ばかりでした。

  • 宇宙の真理を知ること

    経験:2年
    実務経験

    宇宙の法則を知ってから日は浅いのですが、なるほど、確かにと思うことばかりで、自分の中でしっくりとくる事が多いです。 愛や感謝は、法則なんて関係なく大切なこと。 宇宙の中で生かされていると実感します

  • 自分を信じる事、大切にする事

    経験:2年
    専門家

    強い自己否定の時期を経て、自分を信じる、大切にする方にシフトしました。 自分を信じる事で自分との信頼関係を築き、大切にする事で自分を満足させる。満たした先で、本当の他者貢献が出来るのだと感じました。

  • 逆境に負けない事、前を向き続ける事

    経験:7年
    専門家

    もうダメだ、立ち直れない、どうにもならない そう本気で思っていても、前を向かされてきました。 いい意味で、いつ死んでも良いと思っています。 生かされている間は、ありがたく前を向いていきます。

  • 1日1日を満足して生きる事

    経験:1年
    専門家

    ただ流れる様に過ぎて行く日々を、ちゃんと味わって、ちゃんと楽しもうと思っています。 人はいつこの世を去るか分からないから、いつでも今日を生きられた事に、感謝出来る1日を過ごしたいと思っています。

  • 感謝をする事

    経験:2年
    専門家

    今までも感謝は沢山してきたつもりでしたが、心からしていた?と聞かれると、ん〜と考えてしまいます。 日常に感謝出来る事は溢れていて、そのありがたい事に、ちゃんと気づける自分でいれる様、心掛けています。

資格

  • 〜自分らしく生きること〜
    2000年1月
  • 〜人生を楽しむこと〜
    2000年1月
  • 〜感謝出来る毎日を過ごすこと〜
    2000年1月
  • 〜みんなが幸せであること〜
    2000年1月
  • 〜お互いを尊重すること〜
    2000年1月
  • 〜余裕を持って過ごすこと〜
    2000年1月
  • 〜幸せになることに遠慮しないこと〜
    2020年1月
  • 情報処理検定3級
    1994年6月
  • 簿記検定2級
    1995年6月
  • 普通免許
    1998年8月
  • カラーコーディネート
    2002年10月
  • 医療事務
    2020年1月

経歴

  • 経歴名
    特に目標も無く、町工場にて働く 組み立て、検査、時々事務の平坦な日々
    在籍期間
    1997年 10月 1999年 12月
    詳細

    何をしたいのかも分からず、何となくで地元の町工場に就職。 パソコンの小さな部品を組み立て→検品という作業をしていました。 特に目標もなく、ただ淡々と業務をこなしていました。 商業高校を出ていることもあり、途中からは事務所の仕事も任されていました。 この頃は、アットホームな会社ということもあり、のんびり仕事をしていました。 会社の人達は先輩方も多く、優しく接してもらい特に不満はありませんでした。 ただ仕事が楽しいかと言われれば、そういう訳では無く、目の前の事をしているだけ。 私は働く事が好きで、生きがいの様な所があります。 だから、悪くはないんだけど…という感じでした。 そんな時に、何となく自分の好きなことしたいなぁ〜とふと思い、辞める決断をしました。 確かその時は、この先何をするとはっきり決めていた訳では無かったと思います。 私は、自分が考え過ぎると行き詰まって上手くいかない、という事をこれまでの沢山の経験を通して気づいたのですが、この時は確実に直感で動き、そして自分の理想を現実としました。 よく言われている『現実創造』です。 もちろんこの時はそんな事も知らず、ただ直感に自分の気持ちに素直に従っただけです。 今思うと、この時の自分は感覚的にとても理想的で、自分に適度な自信があり、大丈夫という感覚がありました。 そして余計な事は考えず、その自分の感覚の通りに行動をしました。 正直ここはつまらないし、何でもいいから自分の好きな事をしたい。 だからこの仕事は辞めよう。 ただ、それだけでした。 そうすると、不思議な位にスムーズにやりたい事が見つかり、ここで働きたいと思った所ですぐに働けたんです。(その時点では、募集もかかっていなかった所にです。) その時はそれが凄いことだとは、思いもしませんでした。 働きたい所で働けた、ラッキー^^位でした。 自分の心に素直に従った結果、それが大きな転機となり、多くの事を学べたのです。 多分、考えてばかりいたら辞めていなかった気がします。 嫌だと思う仕事、つまらないなと感じる仕事、そこではせっかくの自分のエネルギーは上手く使いこなせていません。 やりたい事をやる事が、自分のエネルギーを最大に活かせるコツなのだと学びました。

  • 経歴名
    憧れのアパレル店員に ファッションを通して学び、成長出来た時期
    在籍期間
    2000年 1月 2005年 8月
    詳細

    中学生の時のおしゃれな友達の影響で、その頃からおしゃれする事が好きでした。 当時気になっていた店舗に、募集もかかっていないのに『ここで働かせてもらえませんか?』と声をかけてみる。 もちろん『今は募集していないので、募集したら声かけますね』と言われる。 いつ募集がかかるか分からないのに、当時のお気楽な私はそれで良しとます。 ところが1週間後、空きが出たとの事で、見事憧れのアパレル店員となります。 【試練】 店長から『今、声かけてきて!』『今、いって!』と何度も言われて、へこむ日々。 元々人見知りで、知らない人に声をかけるなんて、自分も声をかけられるのが嫌いなのに、、、そう思いながら声をかけるものだから、見事にほぼ全敗。 店長は売上を上げたかったのでは無く、慣れない私に少しでも慣れて欲しくて言っていたのは、後になれば分かるのですが、その時は苦痛でした。   【転機】 1店舗を閉鎖する事が決まり、辞めるか続けるか問われる。 向いていない気がして、店長に『辞めようと思ってるんですよね』と言うと、『きぃちゃんは接客の良さを分からないまま辞めちゃうんだね』と言われる。 接客の良さって何?確かに私、知らない。そう思って、もうちょっとやってみようかなって思わせてもらい、続ける事に。 結果、『きぃちゃん居るから来たよ♡』『きぃちゃんに選んでもらいたい』そんな言葉をもらえる様になりました。あの時、続ける選択をして本当に良かった。これが接客の良さだったんだ、と知る事が出来ました。 【挫折】 実力不足のまま店長へ 上に立ちたい、そういう願望は全く無く、みんなで楽しく仕事が出来ればそれでいい。 そう思っていたのですが、店長という役職に就かざるを得ない状況になります。 上の立場というだけで、色々な見方がガラッと変わりました。 正直、しんどかったです。 元々頑張り過ぎてしまう性格な上に、前の店長の 時よりも落ちたと言われるのが怖くて、どうにかしようと必死でした。 空回りばかり、上手くいかない、ストレス、この悪循環で店長として1年頑張りましたが、重荷に耐えられず、辞める事しか考えられず、挫折しました。 でも、今ではとても良い経験をさせてもらったと思っています。 上に立つ人の大変さも知れました。

  • 経歴名
    派遣の仕事で営業事務を経験 初めての営業事務を楽しく学ぶ
    在籍期間
    2005年 10月 2007年 6月
    詳細

    派遣会社に登録し、営業事務を経験。 事務といっても町工場の簡単な伝票記入、あまり鳴らない電話の対応位しかした事の無い私は、営業事務というものがあまり分かっていないのに仕事にしてしまいます。 でもそんなに難しい事は無く、お客様からの受注から納品までの電話対応や伝票作成、納期調整、雑務と私でも出来ました。 最初は営業事務って営業をしなきゃならないの?と少し不安でした。 分からない事や知らない事でも、やってみるって大事だなと思いました。 やってみないと、出来るか向き不向きかさえも 分からないですもんね。 結構楽しかったですよ。 職場の人達も良い人ばかりでアットホームで 仕事のしやすい、環境でした。 特に不満も無かったし、続ける事が嫌だった訳では無いんです。 でも私は、事務の様な一度覚えたら同じ事の繰り返しの様な事は飽きてしまうみたいです。 やっぱり販売がしたい!人と関わりたい! そう思う様になります。

  • 経歴名
    派遣にて美容部員に スキンケアの大切さを伝えるカウンセラー
    在籍期間
    2007年 10月 2010年 3月
    詳細

    派遣にて美容部員になりました。 美容部員といってもメイクがメインの化粧バリバリのという感じでは無く、基礎化粧品がメインのとてもとてもナチュラルな感じです。 メイクはそんなに興味がある方では無かったので 基礎化粧品がメインのお店で良かったです。 実を言うと、最初は派遣会社でアクセサリーの販売のお仕事を紹介され面接をしたのですが、落ちてしまったんです… 次に紹介されたのが、この基礎化粧品メインの美容部員で、私に出来るの?と思ったし、正直不安でした。 でも仕事しなきゃと言う思いと、面接通ったのだからどうにかなるよね?の精神で飛び込みました。 結果やって良かった♡です。 同年代の同僚に恵まれ、楽しく可笑しく仕事を していました。 何となくのイメージで、美容部員さんってキツそうな イメージだし、勝手な思い込みで性格悪そう、なんて失礼な事思っていました。 正直、そういう人もいると思います。 でも私が働いていたお店では、面白い人がいて 気取っていなくていい意味で全然イメージと違って 私でも楽しく働けました。 それにやっぱり女子なので、お肌がキレイでいられるのは嬉しかったし、入店前の研修もあるので、皮膚の基礎みたいなものも学ばせてもらって、良いことずくめでした。 化粧品も安く手に入ったので、気兼ね無く使えて、お肌の状態も良かったです。 これは働いている特権ですよね。 少人数で仕事が出来たのと、気の合う人がいたので楽しく仕事が出来ました。

  • 経歴名
    介護職にてグループホームを経験 認知症の方への対応を日々学ぶ
    在籍期間
    2020年 3月 2022年 3月
    詳細

    ホームヘルパー2級を取得していた事、求人が多かった事で、介護職に就きます。 そしてグループホームに配属されます。 私は資格はあっても介護業界に無知で、グループホームが何なのかを知りませんでした。 グループホームとは認知症の方のみ、入居できる施設になります。 認知症…大丈夫かな? 初めはそんな感じでした。 利用者様の食事介助、口腔介助、排泄介助、お世話全般、お話相手、レクレーション、日々の様子記入、毎食の食事作り、洗濯、掃除etc… 最初は正直戸惑いました。 そして利用者様は程度の違いはあるものの 全員認知症の方。 ・同じ事を何度もおっしゃる ・さっき話した事をすぐ忘れる ・帰宅願望があり、すぐ出て行こうとされる ・自分の物と他の人の物の区別がつかない ・不安感がとても強く依存されるetc... もっともっと沢山の行動がみられます。 あ〜嫌だな、そう思う事も沢山ありました。 どんな仕事でもあるんですけどね。 それでも続けられたのは 一緒に働く人が優しく教えてくれたから 相手を思いやれる職場だったから 利用者さんに救われることも沢山あったから 私は数年前に精神的に辛い時期があり、その経験を活かしたい、辛い思いをしてる人の役に立ちたいと漠然と、でもずっと思っていました。 きっと出来る事があるはず。 でも何をすれば良いか分からないし、どうすれば良いのかも分からない… その考えが消える事はありませんでした。 だから、嫌じゃ無いけど『ここじゃない』そんな想いがありました。 辞めるまではずっと考えました。 本当に辞めていいのか、副業からだって始められるし。 でも私の性格的にどっちもやったら、どっちも中途半端になる気がしたんです。 やりたいって思うなら、やってみればいい。 ダメだったらその時考えればいいし、やりたいなら やるしかないでしょ。 そう思い、この介護の仕事は辞める事にしました。 そして今に続きます^^ これからどうなって行くのかは、自分でも分かりません。 でもきっと必要な人に届くと思っているし、やって良かったと思えるまで続けていきます。 これが私が、ココナラを始めたキッカケであり、原動力です^^ 自分の想いを形にしました♡

  • 経歴名
    洋食レストランのウェイトレス 人生初のアルバイト〜働く楽しさを知る〜
    在籍期間
    2000年 1月 2000年 12月
    詳細

    在籍期間は、開始の時期等、事細かく記載したく無いので、2000年としてあります。 昔から働く事への憧れが強かった私ですが ついに念願の仕事をする機会に恵まれます。 友人が先にその洋食店のアルバイトを始めていて 募集がまだあるからと、良い所だよと教えてもらい すぐに面接を受け、働く事になりました。 慣れないながらも楽しくて、働いている自分が誇らしくて、今思い返しても良い思い出です。 初めての経験が沢山あって、 ・席へのご案内&お冷を持っていく ・オーダーとり  ・厨房とのやり取り ・他のスタッフとの連携 ・お食事の提供 ・レジ打ち ・片づけ とにかく、やる事が新鮮で楽しかったです。 働くってやっぱり楽しい! そんな事を思ったアルバイト経験でした。 そして頑張ったご褒美にお給料を頂ける。 なんて、最高なんだろう、と思いました。 初給料で何を買ったのかは、覚えていないのですが ファッションが好きだった私はきっとお給料の大半をファッションに使ったのだと思います。 このお店では、紹介をしてくれた友人の他にも 別の友人達とも一緒に仕事をしていたので より楽しく出来たのかなぁとも思います。 そしてこのお店では、はっきりとは覚えていないのですが、食事は2〜300円で食べさせてもらっていたと思います。美味しいステーキもそんな破格で食べさせて頂き、遅番の時はオーナーの外車で家まで送ってもらえるサービス付き。 色々な事を高校生だから、と大目にみてもらっていた様に思います。 とにかく、楽しかった思い出がいっぱいです。 ここでの経験が、接客をする楽しさに繋がっていったのではないかなと思っています。 よくよく考えると、引っ込み思案で人見知りの自分が良くやったなと思うのですが、もしかしたら本来の姿なのかな、なんて感じたりもします。 今でも引っ込み思案な所は変わっていないと思うのですが、いざとなるとパワーが出るタイプなのかもしれません。 どうにかなる、当たって砕けろ!な精神はあるのかも 知れません。   怖いもの知らずの、ある意味バカになれる自分は もしかしたらそこが才能なのかなと思います。

  • 経歴名
    コンビニで働く 〜バイトづけの生活でした〜
    在籍期間
    2000年 1月 2011年 12月
    詳細

    在籍期間は、開始の時期等、事細かく記載したく無いので、2000年としてあります。 最寄駅の近くのコンビニエンスストアで 2つ目のアルバイトをする事になりました。 ここのコンビニは、オーナーさんが年配の方で とても可愛がって下さいました。 ここでは ・レジ打ち ・タバコの銘柄覚え ・品出し ・発注 ・宅急便の対応 などが主な仕事だったかなと記憶しています。 中でも、この頃はタバコはお客様が言ったものを 従業員が取ってあげるシステムな上に、番号などもふっていなかったので、最初は覚えるのが大変でした。 店頭に並んでいないマニアックなタバコもあり 沢山タバコの銘柄を知り、覚えました。 でも若いから意外とすぐに覚えてしまうのですよね 略語などもあって、それを知ると勝手に通な感じもしてました。 それはそれで楽しかったです。 そのお店は駅が近い事もあって周りには飲食店もあり、一定の時間になると、夜勤のお姉様方やニューハーフの方々も利用されていました。 私はニューハーフの方が好きで、生き様がカッコいいななんて、思っているんです。  見た目や発言は過激でも、なんとなくピュアさを感じると言うか、かもしだしている雰囲気が、なんとなく好きなんです。 だから、買い物に来られるのが嬉しかったです。    いつも来られるニューハーフの方に、何故だか、ラップに包まれた杏を頂いた事がありました。 もちろん、たまたま持っていただけで、たまたまそこに私が居たから貰っただけなのですが、とても印象的で、未だに覚えています。 心がとっても温かい人なんだろうなぁ、なんて思った記憶があります。 めちゃくちゃ布の割合が少ない服を着て、入ってきた瞬間にその場に居なくても、直ぐに入ってきたのが分かる位、香水の香りが強い方でした。 今、その香りを嗅いでもすぐに分かる気がします。   コンビニの話から逸れてしまいましたが ここでも沢山の経験と楽しさを、味あわせてもらいました。 コンビニって毎週新商品が出るので、それをチェックするのも楽しかったです。 あと時間帯によって、客層がガラッと変わったり 新しいもの好きな人、いつも定番を買う人など 買い物にもその人の個性が現れて、そういうのを知るのも楽しかったです。

  • 経歴名
    パン屋さんでのアルバイト 〜毎食パン生活していました〜
    在籍期間
    2010年 1月 2010年 12月
    詳細

    在籍期間は、開始の時期等、事細かく記載したく無いので、2000年としてあります。 3つ目のアルバイトはパン屋さんです。 大きなターミナル駅の地下にあるパン屋さんで アルバイトを始めました。 何故パン屋さんを選んだのかは覚えていないのですが、学校の最寄駅で探して、時間や時給などが自分とマッチしていたのかなと思います。 ここでは ・レジ打ち ・品出し がメインだったと思います。 沢山の種類がある中で、1つ1つのパンの名前と値段を覚えるのが大変でしたが、覚えてレジ打ちを速く出来る様になったり、袋づめが素早く出来たりすると、自分がプロっぽく感じれて楽しかったです。 確かここで焼いていたのではなくて、近くの工場で 焼いたものを定期的に運んで来ていたと記憶しているのですが、思い返してみると、店長が汗だくになりながら作業をしていた姿が思い出されたので、もしかしたら、そこで焼いていたのかも知れません。 いずれにしても、ここのパンはとても美味しかったです。 変わった惣菜パンもあり、沢山の種類のパンがありました。 本当はいけないのですが、閉店後に残ったパンは その時のスタッフで分けて持ち帰っていました。 大量に余るんだもん、勿体無いですよね? なのでその頃は、3食パンの日も多かったです。 お金の無い学生には、とてもありがたかったです。 但し、3食パン生活、1年続けていたら5キロ近く 太っていたので、注意が必要です(^^;)

  • 経歴名
    インテリアの専門学校で基礎を学ぶ 〜課題が多くて、日々苦戦していました〜
    在籍期間
    2000年 1月 2001年 12月
    詳細

    在籍期間は、開始の時期等、事細かく記載したく無いので、2000年としてあります。 私はずっとファッションが好きでした。 専門学校に通う事を決めた時も、ファッション 関係の学校も考えたし、悩んだのですが、若かりし頃の私は、ファッションって若いうちしか出来ないものと間違った思い込みをしており、長い目でみたらインテリアの方がいいなと思い、インテリアの専門学校に行く事にしました。 昔から、新聞の折り込みに入ってくる家の広告の間取り図を見るのが大好きだったんです。 ずっとアパートでしか暮らした事が無くて、一軒家への憧れや、洋室を可愛いインテリアで楽しみたいという願望がありました。 学校に入って感じた事は、最初の1年って基礎の基礎を学ぶ所なんだ、でした。 手のデッサンだったり、製図の基礎だったり、壁紙などのサンプリングをしたり… 自分がイメージしていたインテリア、では無かったんです。 そしてもう一つ挫折した事。 これは挫折というよりも、物事を表面的にしか捉えることの出来なかった、自分が原因のこと。 人の事を、何となくでも見た目で判断していたんですよね。 学校に、垢抜けていない素朴な感じの同級生がいて、最初はあまり教室に馴染んでいない感じもしていて。 何でこの学校に来たのかな?みたいに偉そうな事も思ったりして。 でも、その子はめちゃくちゃ絵が上手かったんです。 手のデッサンをした時に、その子の上手さに凄いって思いました。 実力の差を痛感した瞬間でした。 自分はただおしゃれが好きなだけで、絵の才能もセンスも無い。 必要とされるのって、こういう子なんだろうなぁって 思ったんです。 性格も素直で、素朴だけれど親しみがあって。 きっと描いたり、何かを創り出す事が凄く好きなんだろうなって感じたんです。 私、違う…なんとなくそう感じました。 学費が高い上に、一人暮らしをさせてもらっていたので1年で基礎だけ学んで後は独学で、なんて甘い考えをしていた私ですが、別の意味で1年で辞めて、インテリアからは離れてしまいました。

  • 経歴名
    小学生時代〜唯一の大きな出来事〜 スピーチコンテストの代表に選ばれる。
    在籍期間
    2000年 1月 2000年 1月
    詳細

    在籍期間は、開始の時期等、事細かく記載したく無いので、2000年としてあります。 小学生時代は、可もなく不可もなくという平凡な時期を過ごしていました。 ちょっと大人しめの、ごくごく普通の小学生だったと記憶しています。 鍵っ子だけれど、家から近いおばあちゃんの家に帰ることもしばしば。 友達の所に遊びに行くこともあり、そのまま家に帰ることもあり。 迷い猫を飼っていた時期もあり、名前を呼ぶとにゃ〜と、どこからともなく現れるニャンコを こよなく愛していました♡ そんなほっこり小学生時代を過ごしておりましたが 全校生徒の前で、作文を読むという大役?を申し付けられた事が一度だけありました。 私は、引っ込み思案の大のあがり症。 言われた瞬間、…、時が止まりました。 え、嫌だ、無理、逃げ出したい… しかし、そんな胸の内を伝えられる訳もなく…引き受けるしか、無かった。 スピーチ当日までの記憶は殆どないのですが 毎日、嫌だ、嫌だ、嫌だ、逃げたい、どうにか逃げる道はないかな… きっとそんな事を思っていたに違いありません。 それ位、人前で何かをするという事は苦痛でしか無かったと思います。 そしてスピーチ当日。 何名かが選ばれ、壇上に上がる様指示されます。 確か5〜6名だったと思います。 めちゃくちゃ緊張していて、小刻みに足が震えていた記憶があります。 心臓、バクバクでした。 今、この瞬間でも逃げ出したい、どうにかして、助けて、そんな心境でした。 順番に呼ばれ、スピーチしていく仲間たち。 そしてついに、自分の番。 その瞬間、スイッチが切り替わったような、不思議な感覚がありました。 今まであんなに緊張していたのが、嘘のような静けさ… 緊張ってどんな感覚だっけ? そう感じるくらいに、何とも思わず、全く緊張もせず 普通にスピーチできたんです。 何かが、自分に降りてきたかの様に。 多分、緊張しすぎて、何かが切り替わったのかも知れません。 その後の表彰の時も、緊張という言葉を忘れたかの様に、楽しく仲間と笑い合っていました。 正直、とても爽快で気持ちが良かったです。 でも、もう一度やって、と言われたらお断りします (´∀`) でももしかしたら、爽快なのかな(*´꒳`*)

受賞歴/執筆歴/講演歴

  • 受賞
    ★数秘33の平和主義な宇宙人★
    2000年1月
  • 受賞
    ★直感は鋭いのにおっとり派★
    2000年1月
  • 受賞
    ★自分も相手も幸せがモットー★
    2000年1月
  • 受賞
    プラチナランク受賞
    2022年10月