カテゴリから探す

営業経験5年未満の方 サバイバル的一般家庭訪問営業で培った傾聴力と説得話法はいかがでしょうか

500

5ポイント(1%)獲得

この出品者は最終ログインから時間が経っています。
  • 評価
  • 0
    販売実績数
  • 0
    現在お願い中
  • 残り 1
    無料お試し枠
  • 5
    お届けまで(予定)

サービス内容

私の最大の売りは傾聴力です。契約が取れなければ、手取月収10万円程度にしかならない訪問販売会社で、5年間の平均年収700万円(30-35歳)くらい稼ぐ営業マンでした。訪問営業は1度のチャンスを生かし切って、その場で契約を取らなければなりません。傾聴力に加え、必殺のキラーフレーズを有効に使う必要があり、”傾聴”と”フレーズ使用”の絶妙なコントロールによって、受注率は飛躍的に伸びました。傾聴については性質上、文章では伝えづらいのでここでは”効果のあったフレーズ”をご紹介させていただきたいと思います。
私は訪問販売会社に勤務する前は食品卸売会社でルート営業を7年間経験しており、会社内でトップの売上実績に2年連続でなりました(営業マンは約100名です)。傾聴力はこの時に大いに高められました。ルート営業の難しさと訪問販売の難しさを経験してきています。私の経験の一端を利用して今後に生かしてください。

サービスのサンプルがご覧いただけます。
サンプルをすべて見る
サンプルをすべて閉じる
トークルームでの回答サンプル(1)

私はお客様から、「なるほど、わかりやすい説明ですね。よくわかったので検討してみます。」とよく言われ、そのまま契約に辿りつくことなく、うやむやになることが多いです。せっかく時間とエネルギーをかけても結果があまり出ないと、つらいです。こういう時は何か有効な対応はありますか?

説明はきっとうまく出来ているんですね。断り文句の場合と、本当に考えてくれる場合もあるのですから、この時は後者の前提で笑顔で一言、「ありがとうございます。」断るつもりで言ったお客は一瞬「えっ」という顔をします。そこですかさず、「どこらへんに問題はありそうですか?」と迫りましょう。必ず何かキーワードが出てきますよ。

購入にあたってのお願い

・あなたの営業としての経験年数や年齢。売りたい商材・商品・サービスの特長と価格。顧客の形態(個人・法人)と年齢、性別。また、商談開始前から契約完了とアフターまでの流れの中での悩みどころは次の内どこに該当しますか?①アプローチの段階 ②顧客との接触初期段階 ③顧客への説明中 ④顧客のお話を聴く際の対応について ⑤顧客が関心を持ってくれた時の対応(契約1歩手前)⑥契約締結直後からアフターに関して ⑦商談の最中に断られそうな時の対応 ○多くの営業マンは契約の手前まで結構スムーズに行きます。そのため契約出来なかったとき、どこが良くなかったのか合理的な自己分析が多くの場合、出来ません。契約まではいくつかの段階があり、どこかに原因が潜んでいるからこそ、結果に結びつかないものと考えます。あなたが感じるうまくいってなさそうな段階を教えてください。

一言PR

会ったばかりの私に、数十万円から数百万円の商品の契約をしてくれた多くのお客様が存在しました。ベースには会社への信用があったはずですが、私の誠意を感じてくださったことも大きな要素だと自負しています。

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス