リース・クレジット契約のトラブル、アドバイスします

業界のプロフェッショナルが支払猶予、解約等交渉の方法をご提案

評価
-
販売実績
0
残り
3枠 / お願い中:0
リース・クレジット契約のトラブル、アドバイスします 業界のプロフェッショナルが支払猶予、解約等交渉の方法をご提案 イメージ1
リース・クレジット契約のトラブル、アドバイスします 業界のプロフェッショナルが支払猶予、解約等交渉の方法をご提案 イメージ1

サービス内容

リース、クレジットの契約トラブルが増加しています。トラブルには様々な事情があり、具体的には商品が説明と違っている、または説明自体がない、販売店とのキャッシュバックの約束が守られずリース会社に相談したところ、キャッシュバック自体不正行為と言われて一括請求を求められた等があります。こうしたケースは、適切な対応を取ることによって、支払猶予や債務免除が認められる場合があります。 私は大手総合リース、クレジット会社で30年以上審査・回収を担当してきた経験から、リース、クレジット会社との契約トラブルに対する実践的かつ適切な対応方法をアドバイスすることができます。 具体的には、交渉ノウハウから、通知書の書き方、その他交渉に役立つ相談機関などをご紹介いたします。 これまで100件以上の顧客相談実績があり、どんなご相談についてもお役に立てますよう真摯に対応いたします。 支払延滞や契約トラブルをそのまま放置してしまうと、社会的信用を失うのみならず、たとえ契約者が法人名義であっても代表者連帯保証人になっている場合は、CICなど個人信用情報機関に滞納事故情報を登録されてしまいます。 そうなりますと、その後はこれまで利用していたクレジットカードが利用停止となったり、今後、クレジットカードやローン審査に通らなくなる可能性もあるので、なるべく早い時期に解決に向けた迅速かつ適切な対応が必要となります。 事業者向けリース・クレジット契約は原則として、クーリングオフ制度は適用除外ですが、不要なモノの過量販売や虚偽説明他、公序良俗に反する契約については、解決のために取るべき対応があります。 トラブルの状況は様々なので、ケースバイケースで回答いたします。是非一度ご相談下さい。

購入にあたってのお願い

まずダイレクトメッセージまたは見積り依頼から下記事項を教えて下さい。 1.契約トラブルの内容等 2.契約内容 契約日、販売店名(売主)、物件商品名、物件価格、月額、支払回数、リース・クレジット会社名(複数ある場合はすべての会社名) ※契約内容は判る範囲、お教え頂ける障りのない範囲にて結構です。 具体的な提案をさせて戴くにあたり、別途詳しく内容をお伺いすることがあります。 本サービスは、問題の解決を約束するものではなく、必要に応じ弁護士等専門家への相談をおすすめすることがあります。 また、本サービスの範囲は、どのような対応が適切かをアドバイスさせて頂き、それについての質問にできる限り回答させて頂くこととなります。 尚、新たに別途調査が必要な場合は、購入者様にオプションサービスのご利用をご案内申し上げます。

有料オプション