サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

究極の「節税」方法教えます

節税の「魔物」から解放される方法を教えます!

販売実績:0 残り:3枠(お願い中:0人)

サービス内容

究極の節税方法。
それは、

・納税して残ったお金で資産運用する!

です。
節税に四苦八苦しないで、きちんと納税し、残ったお金で資産運用することで、減った分以上に資産を増やすことが可能です。

もちろん、税理士さんにしっかり相談し、制度として利用できることは、活用しましょう。
それ以外の、自己流節税は、実は、それほど節税はできておらず、ただの

・利益の繰り延べ

だったりします。
具体的には、

・保険
・不動産

を利用した節税! とうたっている業者の勧誘する節税商品は、ただ、業者に手数料を払うだけで、根本的な節税になっていない場合が往々にしてあります。

さて、みなさん、なぜ、節税に目の色を変えるのでしょうか?
せっかく稼いだお金が税金で引かれるのは、悲しいという心情もわからなくないですが、納税は国民の義務です。

という小難しいことは、おいておいて、節税をするために、色々調べたり、努力するよりも、納税するものは、納税し、残ったお金で資産運用した方が、結果的に資産が増えます。

ここに気づくと、かなり楽になります( ^ ^ )。

保険は、あくまでも、万が一のもの。
節税のために入るのは論外ですし、保険ではお金はそれほど増えません。

不動産も相続対策の節税効果があります!
と謳い文句の業者がいますが、不動産は、全て

・立地

が命です。そこに住んで、家賃を払ってくれなければ、1円の価値もありません。
相続税対策をしようとしたら、借金が増えてしまったなんて、本末転倒です。

または、アメリカの不動産を購入して、今年の納税を逃れても、5年後にやっぱり課税されるので、それはただの

・繰り延べ(納税を遅らせるだけ)

にすぎません。

では、どうすればいいのか?
極端な話をすると、個人で10億稼ぐと、総合課税の場合、55%(5.5億)課税されます(所得税45%、住民税10%)。

残った4.5億円を資産運用で増やすわけですが、利回り10%で運用すれば、7年で2倍の9億円に戻ります。10年以上の長期で考えれば、利回り10%はそこまで難しくありません。

節税商品は買わずに、納税して、資産運用。
それが鉄則ですし、節税効果があると勧められて加入した、企業型の保険があとで、課税されることになるということは往々にあります。

節税より納税です( ^ ^ )。

すべて読む
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. お届け日数 3日(予定)

購入にあたってのお願い

節税よりも納税というのはわかった(納得していないが)。
でも、どうやって資産運用すればいいんだ?

という疑問は残ると思います。
金融庁が推奨している、

・長期
・積立
・分散

がキーワードです。
そもそも資産は、

・株
・不動産
・債券

の3つしかありません。
初心者にオススメなのが、積立NISAです。
月額1万円の積立でも、10%を複利で30年長期で運用すれば、計算上は2,000万円になります。対象は、株になりますが、先進国ならばスーパースターのアメリカ、途上国ならば人口の増え続けるインドです。

不動産も、先進国と途上国で考え、先進国は日本も先進国なので、ローンで35年後に、現金化するお小遣い稼ぎに最適です。途上国ならば、コンドミニアムよりも土地の方が利回りは高くなります。

日本は、すでに毎日345人減っており、1年では、125,925人減る計算になります。
日本で、円だけを持って生活した場合、円安になった場合、資産が大きく減ってしまいます。

お金に色はありません。
人口の増える成長国に大切な資金を預けて、しっかり増やしましょう!

すべて読む

よくある質問

節税するほど稼いでいないけど?
その場合でも、しっかり資産は増やしていきたいですね( ^ ^ )。
購入したら、何をしてくれるの?
最低限の節税の知識をお伝えし、それ以外は、全力で資産運用した方がお金が増えることをご説明します。
もっと見る

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス