サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

iDeCoのメリット、デメリットを教えます

iDeCoを始める前に「コレ」だけは知っておくと良いこと!

販売実績:0 残り:3枠(お願い中:0人)

サービス内容

iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金のことで、その名の通り「年金」です。

厚生労働省のHPには、「公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです」と記載されています。

最初に公的年金の説明をいたします(ざっくりですみません)。
「国民年金」「国民年金基金」「厚生年金保険」の3種類あります。

1号被保険者(自営業者):国民年金(基礎年金) + 国民年金基金
2号被保険者(会社員、公務員):国民年金 + 厚生年金保険
3号被保険者(会社員、公務員の配偶者):国民年金のみ

次に、私的年金制度は、「iDeCo」「企業型DC」「確定給付型年金」「年金払い退職給付」があります。

公的年金だけでは足りないと思う人が、私的年金に加入します。掛けられる金額は、組み合わせで変わってきますが、今回は割愛します。

さっそくですが、敢えて、デメリットから説明します。

<デメリット>

1.原則60歳まで引き出せない

2.手数料がかかる

3.選べる銘柄が少ない

の3つ(実際にはもう少しありますが、それも割愛します)あります。

1の「原則」60歳まで引き出せないというのが、最大のデメリットです。
逆に、60歳まで決して下ろさないと確定しているのであれば良いですが、そうでなかった場合、軽い気持ちで始めると、大変なことになります。

メリットが強調されるiDeCoですが、今回は、デメリットにフォーカスし、どのくらい原則引き出せない強制力が強いかを説明したいと思います。

iDeCoから脱退一時金の支給を受けるためには、下記(1)~(5)の要件をすべて満たす必要があります。

(1)国民年金の保険料免除者であること
(2)障害給付金の受給者ではないこと
(3)通算拠出期間が1ヵ月以上3年以下、または個人別管理資産が25万円以下であること
(4)企業型DCまたはiDeCo(イデコ)の資格喪失日の属する月の翌月から起算して2年を経過していないこと
(5)企業型DCから脱退一時金の支給を受けていないこと

この中で、

(1)国民年金の保険料免除者であること

の要件ですが、所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合とあります。

会社員が気軽には脱退できません。

すべて読む
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. お届け日数 3日(予定)

購入にあたってのお願い

デメリットを正しく理解した上で、メリットですが、

<メリット>

1.3つの税制優遇がある

①掛金が全額所得控除

②運用益が非課税

③受け取る時に税負担を軽減する仕組み

2.投資信託のコストが安い

3.転職・退職時に年金資産の持ち運びができる

があります。

特に、税制優遇は俊逸で、iDeCoをすすめる人は、この部分を最大限にアピールしますが、60歳、もしかしたら、65歳まで延長される可能性も出てきますが、税制優遇されているとはいえ、長期間お金を下ろせないことを、きちんと理解しているかどうか、注意を喚起したいと思います。

困ったらお金をおろせるだろうという軽い気持ちで始めてはいけません。
国が税制優遇をするということは、それだけ義務も発生します。

それを理解した上で、利用するならば良いのですが、メリットばかり強調され、安易な気持ちで始めてしまうと大変です。

絶対にやってはいけないのは、

住宅取得

のために、iDeCoを利用することです。
iDeCoは60歳まで下ろせませんので、必要な時に住宅買えません。

もっと詳しい話に興味のある方はご購入ください。

すべて読む

よくある質問

iDeCoは良いの悪いの?
何のために始めるかです。
iDeCoってそもそも何なの?
私的「年金」制度の1つで、個人型確定拠出年金といいます。年金です。
もっと見る

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス