サービスを探す

【全患者必見】希少がん患者の視点から治療戦略ノウハウを伝授します!

5.02件) 販売実績:3
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:3日(予定)/約7日(実績)
500

5ポイント(1%)獲得

この出品者は最終ログインから時間が経っています。

サービス内容

がん患者の視点から、病気や治療の悩みを解決します。

まずは相談に乗り、より良い治療を選ぶお手伝いをさせていただきます。
期間は1ヶ月以内、メッセージ5往復以内のやりとりでご質問やご相談にお応えいたします。

ウソ医療の見分け方、診察時のメモの取り方、自分のカルテの作り方、医療ミスの防ぎ方など、病院では教えてくれないノウハウを、私の実際の治療経験を元にお伝えしてきます。特にがんなどの難病の場合は、心と身体、科学と精神世界をトータルに扱い、全人的治療をしていくことができれば、宣告された余命を簡単に突破することができます。

現在の医療システムでは、現場の医師は自分の現場にしか責任を持ちません。診療科や病院の連携を取り、治療戦略をまとめていくリーダーがいないのです。このリーダーこそ、患者本人の役割なのです。しかし、病気の身でそれをやるのは至難の業です。私は、そのサポートをさせていただきます。

サービスのサンプルがご覧いただけます。
サンプルをすべて見る
サンプルをすべて閉じる
トークルームでの回答サンプル(1)

抗がん剤をやるかどうかを迷っています。何を基準に考えればよいのでしょうか?

大きく2つのことを考えましょう。

1つ目は、抗がん剤治療そのもののメリット・デメリットを正しく把握することです。基本的な説明は医師・薬剤師からあると思いますので、病院では教えてもらえない真実をお伝えいたします。例えば「30%の確率で嘔吐します」という情報は、「70%の確率で何も起きません」という意味ではありません。嘔吐まで行かなくても、かなりの人が気持ち悪くなるのです。このように、抗がん剤のメリット・デメリットを見誤らないように注意してください。

2つ目は、ご自身の人生の価値観に基づいて考えることです。人の価値観については、医師ではなく患者本人が決めるしかないと、深く自覚してください。

購入にあたってのお願い

私は医師ではありません。医療関係の免許は持っておりませんので、診察等医療行為はいたしません。医療に関しましては主治医の指示を参考にあくまでもご自身の決断に従って下さい。

東京大学教養学部、筑波大学情報科学類で学びました。あくまでも科学的素養を用いてのアドバイスということをご理解ください。

また、がんに限定せず、あらゆる病気に適用できますので、患者ご本人様でも、ご家族の方でも、お気軽にご相談ください。単に話を聞いて欲しいとか、がん患者ってどんな感じなの?という質問・相談でも大歓迎です。

一言PR

患者力を発揮すれば、誰でも平均寿命を克服し、今よりもっとハッピーに生きることができます!希少がんとの付き合いで身につけたオンリーワンのノウハウをすべての患者さんにお届けしたいです。

評価・感想(2件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス