サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽

著作権相談。模倣、コンテンツ侵害からお守りします

ユーチューブ動画、ブログ、アニメなどの著作権。文化庁登録

5.01 販売実績:1 残り:20枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 2日(予定)

サービス内容

著作権の登録について
著作物とは、思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう(著作権法第2条1項1号)。
つまり個性的かつオリジナリティのあるアートなものであればそれは著作物と言えるのです。

これは、動画コンテンツや自費出版の小説や記事にも成立しうるものです。

意外と思われるかもしれませんが、著作権は著作物創作時に自動的に発生します。手続きは特に不要です。
登録することによって権利の発生する特許権や実用新案権などの工業所有権と異なります。
また、登録は著作権の移転の要件ではなく,登録をしなくても移転の効力は有効に生じます。
では、なぜ登録制度があるのでしょうか。

主にそれは取引上の信用です。著作権とは権利の束と表現することが出来ます

しかし、登録しなくても著作権は発生はしますから、その著作権が侵害された場合には場合によっては差し止め請求、損害賠償請求ができますし犯罪行為でもあります。

どこまでが著作権として保護されるのかの判断は非常につきにくいのも事実です。

例えば、ユーチューバーが動画をアップした際、なんの問題もなく挙げられるものが大半です。なんらかのロゴが入った缶を写したり、他人のコンセプトそのままをなぞらえた動画アップをして、著作権法違反とならないようにする必要があります。

逆にあなたのコンテンツが侵害されていることもあるかも知れません。
そこで著作権問題でお困りの方、今どのような状況で何ができるか、そもそも著作権はその作品に発生しているのかの判断をさせていただきます。

今後の対処の仕方なども合わせてアドバイスさせていただきます。

なお、他士業との関係上、お受けできないご相談もございます。詳しくはお問い合わせください。

すべて読む

購入にあたってのお願い

出来るだけ詳しく、お持ちの著作物のことをお教えください。著作物かどうかの判断をお求めの方は、どういうものなのか、見本等をファイル提出していただく場合もございます。

すべて読む

有料オプション


評価・感想(1件) 5.0

読み込んでいます...

関連サービス