やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します

継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有

電話相談
評価
5.0 (1)
販売実績
1
残り
1枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    電話
やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します 継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有 イメージ1
やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します 継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有 イメージ1
やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します 継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有 イメージ2
やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します 継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有 イメージ3
やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します 継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有 イメージ4
やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します 継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有 イメージ5
やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します 継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有 イメージ6
やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します 継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有 イメージ7
やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します 継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有 イメージ8
やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します 継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有 イメージ9
やりたいけど面倒。あなたの習慣化を今すぐ応援します 継続したいとき!1日1万歩を0から習慣化。15kg減量経験有 イメージ10

サービス内容

1日1分。100円だけ。 あなた専用の手軽なスタートサポーター。 あなたの習慣化を応援させてください!! 習慣にしたい何かに取り組むとき、一人だとすごく面倒になりますよね。 そんなとき、この100円で1分間だけの わずかな電話を「あなた専用のスターター」活用してください。 スターターさえ整えれば、 あとは、ぽんぽん調子で進んでいきます。 どんどん、進んでいきましょう。 ラクラク、人生が加速すること請け合いです。 習慣にしたいときのとっておきのコツとして、 「スターターを整える」という考え方があります。 これは、ぼくが、とある投資家の方から教わった習慣化の考え方です。 なにかを習慣にしたいときは、最初の行動を揃えるんです。 イチロー選手は、バッターボックスでの「一連の動作」は変えないといいます。 バッターボックスに立ち、バットを立ててスタンドの方へ腕を伸ばし、袖をまくる。 そんな場面を思い出すのでは? これは、習慣化のためのポーズだそうです。 あなたが何かを習慣にしたいとき、 1分だけサクッと電話してみてください。 あなたの習慣化を応援します!^_^ ぼくは、ダイエット目的でウォーキングを習慣化しました。 最初は、習慣化なんて全然無理だと思っていたのですが、 地道なウォーキングで11kg痩せることができました。 歩くことが面倒で、なるべく電車に乗っていたぼくが、 歩くことが楽しくなってくることで、 2017年の8月には、気づいたら、1ヶ月519km歩いていました。 そんなこともあり、 いまでは、「歩く万歩計」と呼ばれるようになりました。 さすがに、良いと言われるダイエット習慣に 何度と何度も失敗した中で、 世間でよく言われていることではない 「習慣化」するための、真の姿が見えてきました! それも、 平均「1日1万歩」のウォーキングという、 ものすごく地味な方法を習慣化できたからだと思います。 15kg痩せた今でも、 平均として1万歩のウォーキングは継続しています。 継続できたかどうかだけが、問題じゃないんです。 大切なのは、あなたが変化するか。 変化のきっかけさえ変われば、あとはドミノ倒しなんです。 ドミノのワンピースをぼくと一緒に倒しませんか? どんどん次々、新しい世界への扉が倒れていきます。 ネバーギブアップです。Love

購入にあたってのお願い

心にピンときてくださって、ありがとうございます。 ぼくは、あなたが、このページに辿り着いてくださることを、 ずっと、じっと、待っていました。 身近だからこそ、言えない悩み ありますよね。 身近な人って、 「もう、うるさいな。何回、同じ話すんの?」ってなって 結局こっちも「は?なんなん。しらねーよ」 ってなって、 話す前より、イライラ悪化、ストレス増加。 もう、そのうんざりする気持ちを、なんとかしたくないですか? ぼくは、なんとかしたいです。 電車の中とかで、目の前にいる、知的そうなビジネスマンに 目的地の駅までの間に、相談できたら、 どんなにいいか って、 妄想したこと何度もあります。 筋トレのことは、ガタイのいいマッチョマンに、 聞けりゃ、 絶対、ラクラクいけるのに。 そう思ったこともあります。 「第三者に言う」って、すごい力なんです。 なんで、そうなのか、そんなにこと、ぼくには、わかんない。 でもね、実際、そういうことがあるんです。 なので、ぼくを活用してください。 電車の中で対面に座っている、 自分と全く関係なさそうな兄ちゃんのぼくに。 コール待ってます。